【小型軽量のアクションカム】雨天、水中、運動可のHDR-AS15【ソニー】

 

20120927071712

引用元:迫力ある体感映像を撮影できる 小型・軽量デジタルHDビデオカメラ アクションカム 発売 | プレスリリース | ソニー

本機は、ソニー独自の総画素数約1680万裏面照射型“Exmor R(エクスモア アール)”CMOSイメージセンサーとカールツァイス テッサーレンズを搭載し、暗いシーンでもフルHDの高画質撮影が可能です。また、動きながらでも滑らかな撮影ができる手ブレ補正機能※2を搭載しています。
さらに、目の前に広がる雄大な風景を最大170度※3まで広角に高画質で撮影できるなどアクティブなスポーツシーンでの使用に最適なモデルです。

付属のウォータープルーフケース装着によって水深60m※4までの水中撮影が可能であり、ダイビングやサーフィンはもちろんのこと、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツでも快適に使用でき、最長約3時間※5の連続撮影が可能です。

『HDR-AS15』は、HD画質(1280×720,30p)で、2倍、4倍のスローモーション撮影ができるため、アクティブなスポーツシーンは2倍スロー、ゴルフや野球などのスイングフォームには4倍スローなど、様々な撮影に対応します。

本機は、Wi-Fi搭載で、モバイルアプリケーション“PlayMemories Mobile”※6(プレイメモリーズモバイル)により、スマートフォンやタブレットからモニタリングしながら、録画の開始、停止などコントロールが可能です。
また、撮影した動画はスマートフォンやタブレットに転送が可能です。転送した動画は、SNSやクラウドサービス“PlayMemories Online”(プレイメモリーズオンライン)などにアップロードして、友人や家族とシェアできます。

ここ数年、スポーツやアウトドアなどアクティブなシーンを撮影するための小型・軽量ビデオカメラへの注目が急速に高まっています。ソニーは、これまでビデオカメラで培った技術を活かし、自由なスタイルで迫力のある体感映像を高画質に撮影するビデオカメラの楽しみを広げていきます。

バイクとか自転車とか、スノーボードとかスキーとか、川下りとかダイビングとか、過酷な条件下で撮影するにはいい商品かも! ただ同時に、過酷な条件下で壊れることなく撮影するためにそのことに特化しているので、コンデジやビデオカメラのような一般性、汎用性を求めすぎてはいけない感じ。

好印象だったのが、アクセサリーが多いこと。自転車用のマウントを装着して、のんびりと街中をツーリングするというのも楽しそう。車のトランクに自転車を積んで、紅葉に合わせて山でツーリングとかやってみたい……無理だけど。

あと、手ぶれ補正はさすがに光学式は無理だったようで、電子式だった。市場予想価格は現時点だと、三万前後らしい。無線LANとかついていて、使い勝手はそれほど悪くなさそうだけど。

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment