【AviUtl】マスクフィルタの簡単な使い方【拡張編集】

 

 

AviUtlの拡張編集プラグインにあるマスクフィルタは、オブジェクトを指定した図形の形(Figureフォルダに保存してある画像等)で切り取るフィルタ。そして、そのマスクフィルタの反転を使うと、切り取られる範囲が逆になるフィルタ。

具体例を示すと、Aという画像オブジェクトにマスク(円)フィルタを使用すると、デフォルトでは画像オブジェクトの中心に円形に切り取られる。マスクフィルタの『反転』を使った場合は、フィルタの効果範囲が逆転して、円形のAという画像オブジェクトが残る。

サンプル

20121113051006 オリジナルの画像オブジェクト。
20121113051028 デフォルトのマスクフィルタを使った場合。
20121113051044 上のマスクフィルタの反転にチェックを入れた場合。

で、これだけだと、( ´_ゝ`)フーンという感じで、印象に残らないかもしれないけれど、このマスクフィルタ、使いこなせればかなり色々なことができる、表現の幅の広がるフィルタなので以下、簡単に解説と有用性のようなものを書いていく。

 

マスクフィルタの項目

マスクフィルタの項目は、

  • X:マスクのXの位置。
  • Y:マスクのYの位置。
  • 回転:マスクの回転。
  • サイズ:マスクのサイズ。(このサイズにが残ったり、穴が空いたりする)
  • 縦横比:マスクの縦横比。
  • ぼかし:マスクの輪郭をぼかす度合い。
  • マスクの種類:円や三角、四角……、Figureフォルダに保存してある図形ファイル。
  • マスクの反転:マスクの効果範囲の反転。
  • 元のサイズに合わせる:マスクの種類に出てくる図形の元のサイズを使用する。

の9項目。

マスクフィルタと聞いて、難しそう……と思っていた人も、

マスクフィルタが

  • オブジェクトを指定した形で残すフィルタ。
  • 反転でオブジェクトに穴を空けるフィルタ。

この二点を踏まえて上の項目を見れば、各項目の意味もわかりやすいはず。

マスクフィルタの有用性

マスクフィルタの有用性は、オブジェクトを自分の望む好みの形にすることができるということ。(※ 複雑な形にしたいときは、要マスクフィルタの重ねがけ)

20121113053307 20121113053326

上の画像は、図形オブジェクト(円)にマスクフィルタ(星型)を使用したところ。サイズ100の円が、サイズ162の星型に切り取られている。

ちなみに一見、中心に空いた円形の穴(内円)がマスクの結果だと思うかもしれないけれど、それは間違い。中心の穴はライン幅を設定して空けたもの。マスクの結果は、外周の部分。結果がわかりにくければ、画像をクリックして画像を拡大してもらいたい。

 

これだけだと、まだ( ´_ゝ`)フーンといわれそうなので、もう少し手の込んだマスクの使用例を挙げてみる。

20121113054326 図形オブジェクト(四角形)にマスクフィルタ(円)を追加したもの。
20121113054406 更に複数のマスクフィルタを追加してそれぞれのXYの値を変更した状態。

マスクフィルタを重ねがけすれば、蜂の巣みたいにもできる。ただし、追加できるフィルタ数に制限がある。
20121113054448 オブジェクトに追加できるフィルタ効果の数に限界があったので、ミラーフィルタx2を使ったところ。

フィルタ数の制限の抜け道としては(これにも制限があるけど)グループ制御を使って、グループ制御にフィルタを追加してやるのもひとつの手。
20121113054518 ミラーフィルタの値を弄って、ひとつの物体に見えるようにしたところ。
20121113054550 上位のグループ制御に画像ファイル合成フィルタ(マスコットキャラの画像)を追加して、切手っぽくしたところ。

ちなみにそれっぽく見えるようにするためにスタンプも図形オブジェクト(円)とテキストオブジェクトで作った。

あと、スタンプのインクが掠れているように見せるために境界ぼかしを使用。

 

まとめ

マスクフィルタはこんな感じ。今回は作りやすかったので図形オブジェクトとマスクフィルタで切手を作ってみたけど、マスクを上手く使いこなせれば、かなり自由にオブジェクトの形を変えることができる。

ただし、上にも書いたけど、追加できるフィルタ数に限りがあるので、グループ制御なども上手く使いながら自分の望む形に仕上げる必要があるし、もっと手の込んだ複雑な形のものはInkscapeやIllustrator、GimpやPhotoshopなどを使用して別途用意したほうが無難。

(追加フィルタ数の制限もあれば、作成作業の簡略化が専用ソフトのほうが簡単にできるため)








関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment