【Blender】雑記

AA2012000608

 

多少、Blenderのモデリングにも慣れてきて、マテリアルの色使いや光量なんかもある程度、イメージ通りになるようになってきた。

ただまあ、モデリングに慣れてきたとはいっても、それはあくまでも多少は慣れてきたという程度で、上の画像のような人工物というか人工的な直線の多いオブジェクトならば兎も角、人体のような曲線が多用され、動的な皺や髪の毛の再現なんてものは、まだまだ上手くできない。

(まあ、上の画像も細部はかなり不適当なんだけど……)

それから、ブーリアンも試してみたけれど、正直、今ひとつといった手応え。もちろん、ソフトの機能が今ひとつというのではなく、Ψ(`∀´)Ψケケケのスキル的な意味で。ブーリアンで色々できるイメージはあるのだけど、モデリングのやり方というか作り方が悪いみたいで、イメージ通りの結果を得られない。

要モデリングスキルの上昇といったところ。

 

ちなみに具体例を出すとするならば、例えば、チュッパチャップスのような形の、一体型のオブジェクトを作るとき、

 

  • 球体を配置し、追加の円や円柱を接続する

 

という方法を取るにしても、球体の上部下部(収束している部分のある方)を繰り抜いて追加の円や円柱を接続するのと、球体の適当な位置(収束している部分ではない)場所の面を削除して、追加の円や円柱を繋ぎ合わせるのでは手間も異なれば、その後の細分化やスムース、分割などの結果も違ってくる。

これは以前、使っていた3DCGソフトでも同じだったけれど、適切なモデリングはモデリングをしていく中で見つけてスキルアップするしかなく、なかなかに悩ましい。

 

ちなみにここ数日はテクスチャに少しばかり手を出してみた。うん、難しい。UVはまだやっていないのだけど、UVを上手く使えるようにならないと、完成度がかなり下がりそう。リアルさを出すためには、影とか細々した部分だとか質感だとかが重要なのだけど、その全てをモデリングではカバーできないので、どうにかして上手いテクスチャの使い方を習得したい。

あと、やる気は兎も角、時間やPCのスペック的にアニメーションは現状では無理っぽい。アニメーションのレンダリングはしないで、作り方の習得になりそう。上の画像で三分前後のレンダリング(今のPCだと)。

これを1コマとすると、30fpsの動画を10秒程度作ったとすると、それだけでレンダリングに30分前後の時間が必要になる。20秒の動画ならば約1時間。60秒の動画ならば約3時間。うん、普通に無理。PCの新調が遅れているし、もう一台、ノートPCでもいいのでサブ機を作らないと、お話にならない。

まあ、アニメーションの作り方に手を出すまでにまだまだ数ヶ月単位の時間が必要になりそうだけど……その頃にはPCを新調していたいなぁ。CPUとGPU、メモリはそこそこの買って、そこそこの性能のPCで、そこそこの時間のレンダリングがしたい。

 

そういえば、AsusからAMDのAPU+Radeonを載せたノートPCが続々と出てくるかなーと思っていたら後続がほとんど出てこない。K53TKとかK55DRとか、サブ機としてそこそこ人気があったように思うんだけど、ユーザーは兎も角、企業としては旨みの薄い商品だったのだろうか?

最近はHPのノートがコストに対して性能が良さそうだなーと時折、サイトを覗いている。HP Pavilion dv6-7000/CTとかi5だし、GT630Mのグラボも積んでいるし、値段的には結構良さそう。HPのサポートとか修理体制とか今のところ余り調べてないからわからないけれど、サブ機用のノートPCの購入先としては現状、第一候補。第二はAsusやAcerといった感じ。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment