【暖房】寒い冬を暖かく過ごすためのアイテム【季節】

何だか急激に気温が落ちている気がする。つい最近、漸く秋かなどと思っていたのに気づけば冬がすぐ目の前までやって来ていて、また寒さに((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしなければいけないのか。

兎も角、屋内外で暖かく過ごせるアイテムを貼っておくので、よかったら参考にして、よかったらここからゴニョゴニョしてください。

Ψ(`∀´)Ψケケケが喜びます。(´ー`)サンペイノ チョット イイハナシ

屋外で暖かくなれるアイテム

まずは通勤通学に欠かせない定番のカイロ類。使い捨て、オイル式、充電式と主に三種類ある。

サンヨーがなくなってしまって、エネループを使った新製品が出ないのが悔やまれる。

定番の使い捨てカイロ

貼るタイプと普通のタイプ、靴下に貼るタイプ。

靴下に貼るタイプは屋外に長時間いるときは実にありがたい。注意点は、素足での使用はダメということ。あと、やっぱり低温火傷には注意。

お洒落なオイル式カイロ

使い捨てカイロに比べると、値段が少し高そうに見えるけど、使い捨てカイロ(30個や15個)は一ヶ月分や半月分の値段だから、1シーズン使うことを考えればそんなに価格差はない感じ。

あと、説明書を読んで使わないと、上手く機能せずに暖かくならないので、その点は注意。まあ、読めば簡単にわかることなので、そんなに気にする必要はないのだけど。

 

オイル式カイロを運用するためのもの。火種(ライターやチャッカマン)やオイル式カイロとともに予備に災害用リュック等に入れておくと、いざというときに役立つかも。

そういえば、使用中のZippoのオイル大がそろそろなくなる……。

 

充電式カイロ
 

パソコンやコンセントから充電できる充電式カイロ。USBケーブルで携帯の充電も可能。表面温度や持続時間が使い捨てカイロなどに比べると低い。ただ、ケイタイのバッテリーとしても使えるので、兼用品としての利便性はあるかも。

 

屋内で暖かくなれるアイテム

直接肌に触れるタイプのものから一般的なヒーターのような暖房器具まで。

肌に触れる暖房器具

電気ひざ掛け、電気敷き毛布、電気カーペット(3畳用)の順。どれもAmazonのレビューは高評価だったもの。

電気ひざ掛けや電気敷き毛布は、やはり起床時や就寝時を問わず多目的で使われている様子。起きていて椅子に座っているときは、ひざ掛け。寝ているときは、かけ毛布や敷き毛布といった感じ。

電気ひざ掛けや電気敷き毛布は汎用性が高いし、実際に体に密着して使うので体が温まりやすいし、暖かいのでオススメ。

 

ちなみに数年前に寒がりの年寄りに渡したら、こんなもの!年寄り扱いして!と言いながら常用品になっていたという笑い話。

ヒーター
 
 

カーボン(遠赤外線)、セラミック、ハロゲン、石油、オイルの各ヒーター。

現在の主流はカーボンヒーター。遠赤外線ですぐに暖かくなるし、その効果も高い。最近のものはエコエコなので、消費電力はどれも似たり寄ったりで大差はない。

ちなみにセラミックは温風が出てくるタイプで、すぐに温風が出てくるけれど、温度は低め。オイルヒーターはじわじわと暖かり、乾燥に強い? ハロゲンは洗面所やトイレなどに置いて局所的に使ったほうが無難。

PC周りを暖かくするアイテム
 

左の列がカップやペットボトルを温めるPCアクセサリ。左上のカップを温める奴がほしい……。真ん中の列が凍えやすい手を温めてくれるPCアクセサリ。右の列が足を温めてくれるPCアクセサリ。

 

貼りつけたのは一人用の炬燵だけど、普通の炬燵も暖かくて最高! 一人用の炬燵やフットヒーターは机の下に置いて、足元を暖めたい。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment