Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【SSD】HDD→SSDに換装・運用するときのポイント【要点】

Edit Category PCパーツ&関連機器&ガジェット

データの読み書きがHDDに比べて格段に速いSSD。最近はだいぶ容量も増え、値頃感も出てきて、PCのデータ処理の体感速度が急激に上がることからデスクトップ、ノートPCを問わずHDDをSSDに換装(交換)する人も増えている。

SSDの付属品もポイント

リテール品を買えば、マウンタやネジ、SATAケーブル、電源変換ケーブル等が付いてくるので、2.5インチ用のベイなんてPCケースにないんですだけど~!接続に何が必要かわからないんですけど~!という人も困ることはない。

(※ 製品によって付属品は異なる。インテル以外の製品の場合はリテール品でも付属品がない場合があるので要確認。インテルでも型番によって付属品が違うので要注意)

もしも、バルク品を買ってしまい、自分のPCに必要なパーツが足らねぇ~ということになってしまったとしても、必要なパーツはPCショップで単品で販売されているので、焦る必要はない。

これらはどれも安価ではあるけれど、全てを揃えるとそれなりの値段になるので、SSDの購入時には付属品の種類もSSD購入のひとつの基準になる。SSDを買うときは、付属品も要確認。

ちなみに必要なドライバーはIntelのSSDであればインテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST)辺りからDLできる。

既存データの取り扱い

別途、データ保存用のHDDを持っているならば、そちらに必要なデータを移してから換装作業に入ればデータ消失のリスクはゼロに近くなる。

仮にデータ保存用のHDDがない場合でも、データの移行を行いたいのであれば、以下のような製品を買っておくと、データの移行が簡単になるし、取り外したHDDをデータ保存用のHDDとして再利用できるのでオススメ。

(※ 上の文章はノートPCを使用時。デスクトップの場合はSATAケーブルや電源変換ケーブルを接続すれば内蔵HDDとして簡単に再利用できる)

データの移行を行うときは、勿論、SSDの換装前にPCに接続して行う。ノートPCであれば、上のような製品を接続して行い、デスクトップであれば電源やSATAコネクタに繋ぐ。

EaseUS Todo Backup Freeのようなフリーソフトでクローン化も可能。ただし、『Optimize for SSD』の項目にチェックを入れるような、特別な設定も必要。

換装

ノートPCの場合、SSDはノートPC用のHDDと同じ2.5インチなので、特に何をしなくても(ケーブル類は既にノートPCに付いている)、換装時は今までHDDがあった場所にそのままスッポリと収まる。HDDの換装(交換)方法は、それぞれのPCメーカーによって異なるので、各説明書やメーカーサイトを参照するといい。

デスクトップの場合は、PCケース次第。2.5インチベイがあればそのまま使えるし、ない場合はSSDに付属のマウンタを装着し、それにPCケースのマウンタをつけることになる。

マザーボードによっては起動ディスクを接続するべきSATAコネクタが限られているので、間違えずに起動できるSATAコネクタに接続する。SSDとHDDが混在している場合、BIOSで起動ディスクを指定することも忘れてはいけない。

(※ SSD2.5インチ → マウンタ装着SSD3.5インチ=丸裸のHDD → PCケースのマウンタを装着してPCケースに装着)

データ移行時や換装時の注意点

バックアップソフトを使って既存のHDDをバックアップし、データを丸々SSDに載せ替える(クローンを作る)ような処理をしたいときは注意が必要。

HDDとSSDでは使用されているドライバーも異なるので、換装後はドライバーのインストールを忘れないこと。また、HDDの保存容量がSSDの容量を超えていると、当然ながらクローン化はできない。

ちなみにEaseUS Todo Backup Freeのようなフリーソフトでクローン化は可能だが、目的ドライブの選択時にSSDを指定してやる必要がある(Optimize for SSD)。これを忘れると、アラインメント問題が発生してSSDの読み書きの速度が遅くなるので要注意。

また、クローンを作り、SSDの換装を終えて、BIOSで起動ディスクをSSDにしてもOSが立ち上がらない場合は、Vistaや7、8のOSインストールディスクから一度PCを起動させてOSの修復をしてやることも念頭に置いておく。

 

まあ、この手のちょっとした技術的な話が難しい……と思うのであれば、既存のHDDを取り敢えずそのままデータ保存用HDDに残しておいて、無難にSSDにOSをクリーンインストールしたほうがいい。そのほうが無駄なデータも消えるし、間違いも少ない。

で、SSDにインストールしたOSが無事に起動できて、各種ドライバーなども無事にインストールでき、SSDの速度が出ていることを確認してから、既存HDDからデータをSSDに移したり、HDDのOSを消したりしたほうがトラブルが少ないはず。

OSのライセンス的にも、複数のPCで同時に同じOSを起動しなければ問題ないはずだし。仮にこれがダメだと、Raid1のミラーリングとか許されないはず。たぶん……。

関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry【AviUtl】もうすぐクリスマス【拡張編集】

Older Entry【AviUtl】画像ループフィルタの使い方【拡張編集】

Comments


Trackbacks

 
02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01 03


 
 
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
 
オススメ
















 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017新春(Kabylake世代)
用途に合わせてCPUやGPUを1ランク上げたり落としたり、SSDやHDDの容量を抑えたりすると、バランスもコスパも良いPCになるよ!金属パッドは殻割り用。



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS