【Firefox】漸くRamdiskが使えなかった理由と解決策がわかった……orz【Ramdisk】

20130121105903

長らく『急にFirefoxでRamdiskをキャッシュとして使えなくなったorz』という状態だったのだけど、漸くFirefoxでRamdiskが使えなかった理由と解決策がわかった。

 

 

上に貼りつけたブログの記事を読めばわかるけど、Firefox11以降、Firefoxの『プライバシー』にある『Firefox の終了時に履歴を削除する』の『キャッシュ』を有効にしていると、ディスクキャッシュが無効化されるらしい。

つまりディスクキャッシュが無効化されているのだから、Ramdiskを割り当てても当然使用されない。

 

Ω ΩΩ< な、なんだってー!!

 

この記事を読んだときの心境は、まさにこんな状態。おうぅ。まさかプライバシー設定が影響しているとは思わなかった。ユーザープロファイルが壊れたのか、バグなのか、about:configで打ち込んだ文字列のスペルミスか……と色々と悩んだのに……。

 

つまりFirefox11以降でRamdiskをキャッシュとして使用したければ、

  1. Gavotte Ramdisk まとめWIKI - テンプレから必要ファイルをDLして、該当プログラムをPCにインストール(REGファイルの結合を忘れないように)。
  2. Firefoxで『about:config』→『browser.cache.disk.parent_directory』で作成したRamdiskのドライブ&フォルダを指定。(R:\Tempなど)
  3. 『オプション』→『プライバシー』→『Firefox の終了時に履歴を削除する』→『キャシュ』のチェックを外す。

という作業を要するということ。

 

 

 

まあ、最近の大容量メモリを積んだOSが64BitのPCであれば、Firefoxがメモリをバシバシと使用しても気にすることはないのだろうけど。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment