Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【タブレット】Bluetoothヘッドセットがオススメだけど規格やプロファイルは?【スマホ】

Edit Category PCパーツ&関連機器&ガジェット

ヘッドセットというと、PCでSkypeを使うときに使う。少し前はそんなイメージが強かったように思うのだけれど、最近はまた違ったイメージができている。

Bluetoothのワイヤレスヘッドセットは使用環境もPCとは限らずスマホにタブレットと様々で、使用目的も通話、ラジオや音楽の視聴、SkypeやLineと多岐に及ぶ。


機種によって異なるBluetoothのバージョンやプロファイル

Bluetoothには幾つかの規格とプロファイルがある。そして、それらによって個々のBluetooth機器にはできることが異なる。

スマホやタブレットに使用されるAndroid版Skypeは、受話音声を普通のオーディオストリーム(A2DP。音楽視聴などの高音質の視聴を想定したプロファイル)へ流しているため、 そのままでは通話用のBluetooth HSP/HFP ヘッドセット(電話等の品質の高さを要求しない通話を想定したプロファイル)が使えない。

BTmono - Android Apps on Google Playを使えば、Androidの音声入出力をそのままBluetoothの通話向けストリームにリダイレクトしてくるようで、HSP/HFPのヘッドセットでも使用可能になるが、音声の品質は落ちる。

だから、ヘッドセットを使った用途をイメージしていても、ただBluetoothのヘッドセットを買えばいいというわけではないということになる。ハンズフリーの通話のみを想定しているのか、音楽視聴やSkypeを使った通話を想定しているのか、自分のやりたいことに対応した規格とプロファイルを持つものなのかを事前に確認してBluetooth機器を購入しなければならない。

 

Bluetooth対応機器を購入するのであれば、規格とプロファイルは事前に調べておかなければならない必須事項。また、Bluetooth1.0と1.1にあった互換性の問題は、最近はほぼ解消されている様子。

 

もっと詳しく規格やプロファイルについて知りたい場合のリンク。

規格とプロファイルの例

例えば、目的のBluetoothのワイヤレスヘッドセットが

 

  • Bluetoothは3.0に対応。対応プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCP/PBAP

 

となっていた場合、

 

  • Bluetooth 3.0:無線LAN規格IEEE 802.11のMAC/PHY層の利用が可能で、最大実行速度は下りが2178.1Kbps、上りが177.1Kbps。または24Mbps(オプション)。
  • HSP:Bluetooth搭載ヘッドセットと通信。マイクを使った双方向通信可。
  • HFP:ハンズフリー通信。発信発着が可能。
  • A2DP:音声をレシーバー付きヘッドフォンに伝送。ステレオ音声で高音声。
       (音楽配信を想定したプロファイル)
  • AVRCP:AV機器のリモコン機能。
  • PBAP:電話帳のデータを転送。

 

ということになる。HSPはHead Set Profile、 HFPはHands Free Profile、A2DPはAdvanced  Audio Distribution Profileの略。

オススメのヘッドセットは?

色々と調べてみて、評価が高かったのがPlantronics社の Voyager Legend という商品。Bluetoothは3.0に対応、対応プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCP/PBAP。

兎に角、使用者はその高音質や良好な感度、装着感に高い評価を下していた。また、iPhoneは標準で、Android系のスマホはアプリを使ってバッテリー残量の表示もできるというのも好評を博していた。

 

 

ちなみに日本語販売サイトを見ると、新製品でVoyager Legend UCというものがあるが、これはVoyager LegendにPC用のレシーバーがセットになったものらしい。マザーボードにBluetoothレシーバーがついていない人用と思われる。

PCにBluetoothが搭載されていないとき

Voyager Legend UCを買ってもいいし、他のメーカーのアダプタを買ってもいい。

 

 

引用元:Bluetooth|BT-Micro4 製品仕様|PLANEX 対応プロファイル一覧

Advanced Audio Distribution Profile (A2DP) (Source/Sink)
A/V Remote Control Profile (AVRCP) (Target/Controller)
Basic Imaging Profile (BIP)(Image Distribution Server)
Basic Printing Profile (BPP)(Transmitting Client)
Dial-Up Networking Profile (DUN) (Data Terminal)
Fax Profile (FAX) (Data Terminal)
File Transfer Profile (FTP) (Client/Server)
Generic Access Profile (GAP)
Generic A/V Distribution Profile (GAVDP) (Source)
Generic Object Exchange Profile (GOEP) (Client/Server)
Hardcopy Replacement Profile (HCRP) (Host)
Hands-Free Profile (HFP) (Audio Gateway)
Headset Profile (HSP) (Audio Gateway)
Human Interface Device Profile (HID) (Host)
Object Push Profile (OPP) (Client/Server)
Personal Area Network Profile (PAN) (PAN-U Client, PAN GN)
Phone Book Access Profile (PBAP)
Service Discovery Application Profile (SDAP) (Client/Server)
Serial Port Profile (SPP) (Device A/B)
Synchronization Profile (SYNC) (Client)
Proximity Profile (PXP)
Find Me Profile (FMP)
Generic Attribute Profile (GATT)(Client/Server)
※Bluetooth Ver4.0には、PXP/FMP/GATTプロファイルのみ対応します。
それ以外のプロファイルはBluetooth Ver3.0+EDRでの接続となります。

Bluetooth4.0対応機器に限らずBluetooth2.1/3.0に対応した機器とも接続可能。

 

 

 

※追記:ペアリングを自動認識にすると『ハンズフリー』のプロファイルになってしまい、上手くいかないらしいので、手動設定にして『ヘッドセット』のプロファイルを選択し、ペアリングする必要あり。

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - PC周辺機器  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【Blender】顔や頭部のモデリング【覚書】

Older Entry【Avidemux】高速で簡単にMovをMp4に変換!【Mov→Mp4】

Comments


Trackbacks

 
03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

02 03


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017春(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。予算に余裕が有るのであれば、1700Xや1800XでもOK。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS