【動画撮影】iPhoneから一眼レフ、ビデオカメラまで動画の手振れを抑えるステディカム(スタビライザー)【手振れ防止】

 

安価なコンデジであれ、高価な一眼レフやビデオカメラであれ、動画撮影という行為自体に付き纏い、撮影者の頭を悩ませるのが『手振れ』。

旅行先で意気揚々と動画を撮影して、家に戻ってきていざ視聴してみると、画面のブレの余りの酷さに気分が悪く(手振れ酔い)なる。特に移動しながら撮影した場面は折角、撮影した動画なのに使い物にならず、HDDの肥やしになるかそのまま削除……。

動画を撮影したことがあれば、一度はそんな経験があるはず。

世の中には撮影中の手振れを抑える機器がある!

スポーツの生中継などで、鎧のようなものを着込んだカメラマンの姿を見たことがあるだろうか。あの鎧のようなものこそ、手振れを防ぐためにプロが使用する機材で、ステディカムやスタビライザーと呼ばれるもの。

ヤジロベーの原理で、敢えてゆらゆらとさせることによって手振れの細かい振動を抑制させる機器。勿論、一般人がそれを入手して使用するのは、価格的にも大きさ的にも無理があるので、一般向けにはもっと小型で、価格的にも抑えられた品がある。

『iPhone』用のステディカム

iPhone用のステディカムといえば、ステディカム・スムージーが有名。見た目は少しばかり玩具的だけれど、しっかりと手振れを抑制してくれる。

 

尚、iPhone5とiPhone4ではパーツの対応状況が異なるようなので、持っているiPhoneに合わせたものを選ぶ必要がある。

Androidケイタイの場合

Android系のスマホはメーカーが複数あり、iPhoneのような専用の機器は現状ない状態。なので、一般的なステディカムやスタビライザーと連携させることを考えなければならない。

問題はどうやって、ステディカムやスタビライザーに搭載するかということになる。

 

問題を解決できそうなのが上の商品。ちなみに三脚ではなく、三脚の上に載っている円柱形の『雲台』が該当商品。

これをステディカムやスタビライザーに載せれば、Android系のスマホでもステディカムやスタビライザーが使えて、手振れを抑制した動画撮影できそう。

ステディカムやスタビライザー

貼りつけたのは、ステディカム・マーリンのセットアップ動画。調整の終わった最後のほうで、ステディカムやスタビライザーの威力の片鱗を見ることができる。

ちなみに何故、セットアップ動画を貼り付けたかというと、マーリンに限らずステディカムやスタビライザーではこの手の微調整を行わなければならないから。ステディカムやスタビライザーを使うときは上の動画のような調整方法を使用時の必須知識として頭に入れておく必要がある。

 

その高性能さでステディカムやスタビライザーの有用性を一般に広めたのが、この『ステディカム・マーリン』。洗練されたデザインと手振れの抑制に重要な重心の微調整、錘の配置が非常にやりやすく、人気の商品。

 

ステディカム・マーリンに似た形状のスタビライザー。ステディカム・マーリンほどの高性能とは言わないまでも手振れを抑制できて、マーリンに比べて安価で入手できる。585-1はニコ動にある感じに改造推奨。

 

カメラの形状や重心位置、重量によってステディカムやスタビライザーにも向き不向きがあり、好まれる形状も変わる。これらの他にも地面に近い位置から撮るための機材や肩に固定するための機材がある。

 

これらは主にコンデジや一眼レフ、ビデオカメラの手振れを抑える機器。多くの商品があり、水平器が付いているものもあれば、付いていないものある。価格も性能もマチマチで、水平器などは自分で付ければいいが、軸受部分などは動きのスムーズなものを選ぶべき。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment