Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【Blender】自動でFKとIKを作るための覚書【Rig】

Edit Category Blender

AA2013000207

ボーンを追加して、アーマチュアを作成。ポーズでひとつひとつ姿勢を……という流れは手間なので、リグ(Rig)というものを使って簡略化。ただし、まだ使い方を理解しきれていないので、覚書として導入方法を記事に残しておく。

 


Rigを使う

20130619110421

まずはユーザー設定の検索欄に『Rig』と打ち込み、三段目の『Rigging:Rigify』を有効にする。

 

AA2013000208

モデリング済みの人型を用意する。このとき、ボーンやアーマチュアは要らない。

 

AA2013000210

『Shift + A』か『追加→アーマチュア』で『Human(Meta-Rig)』を選択する。

 

AA2013000211

人型のアーマチュアの雛型が追加されるので、編集モードで移動や回転、拡大縮小をして、人型のアーマチュアをモデリング済みのデータに合わせる。

 

AA2013000212

こんな感じにする。ちなみにこの状態でエンベロープにすると、左右でエンベロープの太さが大きく違ったので、適当に0.00000000001倍のような感じで縮小して、その後、元の大きさに拡大した。結果、適切な太さ(?)にはなった。

 

AA2013000213

AA2013000214

人型のアーマチュアが選択されている状態で、『プロパティ』→『オブジェクトデータ』→『Rigify Buttons』に進み、『Generate』をクリックする。すると、上の画像のような人型のアーマチュアに対応したRigが追加される。

 

AA2013000215

Rig(新たにアーマチュア)が追加されたので、人型のアーマチュアは不要になる。削除するか、念の為に残しておくならば別のレイヤーに移動する。

また、ただRigを追加しただけだと、モデリングした人型のデータと関連付けられていないので、通常のアーマチュアを関連付けるときと同じく、各オブジェクトを選択した後、Rigを選択して、『Ctrl + P』→『自動ウェイト』で関連付けを行う。

 

AA2013000216

オブジェクトモードでRigを選択した後、ボーズモードに移行し、移動や回転、拡大縮小を行い、目的のボーズを作る。操作法は基本的にアーマチュアと同じで、『Alt + G(R、S)』で移動や回転、拡大縮小の無効化が可能。

 

AA2013000218

FKとIKの切り替えはNキーで表示されるメニューの中の『Rig Main Properties』→『FK / IK(hand.ik:0.000)』で切り替える。値が0に近ければFK寄り、1に近ければIK寄り。『Rig Layers』はRigの表示と非表示。

ちなみにFKは通常のアーマチュアを動かしたときのように親を動かすと、子が動き、IKは子の動きに親が影響を受けて動くという感じなので、その都度調節しながら必要なポーズを作る。

ちなみに人の関節に適した制限の掛け方は……これから勉強する。

 

 

 

GTX660 Tiの後継。

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - フリーソフト解説  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【AviUtl】第27回 斜めブラインド アニメーション効果【拡張編集】

Older Entry【AviUtl】動画から簡単にGIFアニメを作るよ【Gimp】

Comments


Trackbacks

 
02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01 03


 
 
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
 
オススメ
















 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017新春(Kabylake世代)
用途に合わせてCPUやGPUを1ランク上げたり落としたり、SSDやHDDの容量を抑えたりすると、バランスもコスパも良いPCになるよ!金属パッドは殻割り用。



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS