Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【動画編集】これからAviUtlと拡張編集を使い始める人のための基本的な流れと使い方【初心者】

Edit Category Aviutl > 応用、Tipsなど

この記事の目的は、個々の詳しい操作方法の解説ではなく、AviUtlと拡張編集プラグインによる動画編集の一連の流れ(基礎的な流れ)を把握するものです。なので、記事の対象は、これからAviUtlを使い始める初心者となります。

 

また、AviUtlと拡張編集、追加スクリプトや出力プラグインが使用可能状態で、初期設定が終わった状態にあることを前提に話を進めます。導入がまだの場合は、先に導入を行なってください。


AviUtlと拡張編集による動画作成の簡単な流れ

  1. AviUtlを起動。
  2. 新規プロファイルを作成。
  3. 拡張編集プラグイン上の各レイヤーに各オブジェクトを配置し、設定ダイヤログの値を変更したり、フィルタ等を追加する。
  4. 出力範囲を決める。
  5. プラグイン等を使って、好みの形式で動画を出力する。
  6. エンコードが終わって、出力した動画が再生できたら成功。

 

20130801193659

AviUtlを起動したところ。左下がメイン画面、右下が再生ウィンドウ、上部が拡張編集プラグイン。ちなみに拡張編集プラグインはメイン画面の『設定』にある『拡張編集の設定』にチェックが入っていないと出てこない。

 

20130801194022

新規プロファイル(作成する動画の規格を指定)を作成し、拡張編集プラグイン上に右クリックでメディアオブジェクトの『図形オブジェクト』を追加したところ。図形オブジェクトを追加し、選択中になったことで、右上に図形オブジェクトの『設定ダイアログ』が表示される。

 

20130801194349

図形オブジェクトの長さを『10秒』に変更して、図形オブジェクトの設定ダイアログの『X』をクリックし、『直線移動』を選択する。その後、Xの始点の値を-300、Xの終点の値を300にしたところ。

つまりこの図形オブジェクトは10秒をかけて、X軸方向に-300→300の直線移動をするということ。また、カーソル(拡張編集プラグイン上の赤線)が2.73秒のところにあるので、メイン画面に表示されているのは、2.73秒現在の図形オブジェクトの様子ということ。

今回はXの値を直線移動させたけれど、このような値の変化を他の項目、追加する順番を変更したフィルタ、アニメーション効果等で行い、様々な効果を出していく。

 

動画として出力したときの結果を確認したいときは、再生ウィンドウで確認する。ただし、複数のフィルタやアニメーション効果を追加して処理が重くなると、上手く再生できないことが多々あるので、その点には注意が必要。

 

20130801195504

レイヤー1に背景を追加し、レイヤー2の図形オブジェクトに『画像ループ』と『グラデーション』のフィルタを追加したところ。カメラ制御を使わない場合、レイヤー数の値が増えるほど、手前に表示される。

 

20130801195748

図形オブジェクトに追加した『画像ループ』と『グラデーション』の順番を入れ替えたところ。オブジェクトに追加するフィルタの順番によって得られる効果が異なることに注意。

グラデーションを付加した円を画像ループさせている(複数にしている)のか、画像ループさせた複数の円にひとつのグラデーションを付加しているのか。

 

20130801200116

音声ファイルを追加したところ。音声ファイルは基本的にはレイヤーの序列に影響されないので、管理しやすいレイヤーに追加する。

 

20130801200607

背景が味気なかったのでカスタムオブジェクトを追加し、更にフィルタオブジェクトの『モザイク』をレイヤー8に追加したところ。

フィルタオブジェクトは配置したレイヤーの上にあるオブジェクト全てに影響を与えることに注意。

 

20130801201153

編集が終わったら、拡張編集プラグイン上で右クリックして、『範囲設定』→『最後のオブジェクト位置を最終フレーム』を選択する。画像の10秒の位置にある縦線が最終フレームであることを表している。

また、範囲設定の開始フレームは『 [ 』キーで、終了フレームは『 ] 』キーでも設定可能。

 

範囲設定が終わったら、メイン画面の『ファイル』をクリックして、プラグイン出力等を選択して好みの形式で動画として書き出して、動画の完成。

補足

 

総括

AviUtlと拡張編集プラグインを使用した動画編集は、上手い下手の違いはあっても、基本的に全てがこの流れとなる。AviUtlは非常に多機能なので、その分覚える事項も多い。どのような流れの中で、どのような作業をしていて、目的の効果を得るためには何をすればいいかを大まかにでも把握しておくと、操作等を覚えやすい。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - フリーソフト解説  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【マニュアル配布】LibreOffice_Base用マニュアル他、ExceltoCalcマクロ移行マニュアルなど【農協ww】

Older Entry【AviUtl】Wine(Linux)でカラーキーやルミナンスキー等を使うときの覚書【拡張編集】

Comments


Trackbacks

 
01 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

12 02


 
 
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
 
オススメ
















 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017新春(Kabylake世代)
用途に合わせてCPUやGPUを1ランク上げたり落としたり、SSDやHDDの容量を抑えたりすると、バランスもコスパも良いPCになるよ!金属パッドは殻割り用。



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS