【CPU】Intelから新型CPU(Ivy Bridge-E)が発売【LGA 2011】

Intelから新型CPU(Ivy Bridge-E)が発売になりました。今回発売された新型CPUは

 

  • Core i7-4960X
  • Core i7-4930K
  • Core i7-4820K

 

の3製品。対応チップセットはSandy Bridge-Eと同じIntel X79 Expressで、4960Xと4930Kが6コア12スレッド、4820Kが4コア8スレッドとなります。上位製品はコア数が増えているものの、最も購買層がいそうな4820Kは4コア8スレッドのままなのが残念なところかと。(´・ω・`)ガッカリ・・・6コア12スレッドだったら買ってた。

市場価格は現在のところ、ご祝儀相場ということもあって4960Xが110000円前後、4930Kが61500円前後、4820Kが34000円前後という感じ。ちなみにここ最近、Intel製のCPUが発売されると問題になるハンダかグリスかというアレは少し前に、

 

 

という情報(ハンダだったのに無理矢理に殻割りしてCPUが\(^o^)/オワタになる)が出ているので、IvyBridge-Eの殻割りは止めておいたほうが無難です。そういう意味では、IvyBridge、Haswellがハンダ仕様だったら良かったのに、と思わずにはいられませんが……。

ちなみに対応マザーボードがX79なので、対応するメモリーはDDR3。ただし、DDR3-1600→DDR3-1866と地味に上昇しています。また、PCI Expressも3.0に対応。

 

 

CPU+メモリ+M/Bの組み合わせ例としてはこんな感じ。CPUクーラーは最近のものであればLGA2011に対応している。OCに関してはグリスバーガーではなくハンダということもあり、それなりに期待できそうではあるので、そのうち誰かが リキプロ等を使って(殻割りのためではなくCPUクーラーとヒートスプレッダ間に通常使用)5G常用!とか、そんな感じのレビューを出してくれるのではないかと。

しかし、6コア12スレッドが目玉になりそうだったのに、4820Kは4コア8スレッドか。色々なところで言われているけれど、競争相手のAMDの凋落が痛い。AMDがINTELのCPUに匹敵するような性能のCPUを開発できていたら、この時期に4820Kの価格帯で6コア12スレッドのCPUが投入されていたかもしれないのに……。

来年には消費税増税があると言われているけれど、次世代規格への過渡期である今、どの時期にどのCPUを買うのか……自作erには悩ましいところ。兎も角、AMD頑張れ! Athlonの頃の輝きを取り戻せ! 再度、CPUにも競争の原理が働くようにしてくれ!

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment