【AviUtl】ワイプの簡単な使い方【拡張編集】

20131002141649

ワイプ・フィルタはフェード・フィルタと同系統のシーンチェンジ系のフィルタ。

円形から次の画像や動画が現れたり、画像や動画が時計回りに消えたりする。また、効果を反転させたり、オリジナルのシーンチェンジを作ったときのようにtransitionフォルダに保存したPNG画像の形にワイプさせることもできる。

※ 上の画像は時計回りを選択したときのもの。

各項目の解説

20131002142413

  • イン:オブジェクトの始点から指定した値の秒で、ワイプ(イン)が完了。
  • アウト:オブジェクトの終点から指定した値の秒で、ワイプ(アウト)が開始。
  • ぼかし:ワイプの境界線を指定値の分だけぼかす。

 

  • 反転(イン):ワイプ・インの効果を反転させる。
  • 反転(アウト):ワイプ・アウトの効果を反転させる。

 

  • 種類:円や四角、時計、縦、横、自分で追加したワイプの効果を選択する。

 

※ 独自のワイプを追加するには、AviUtlのpluginsフォルダの中にtransitionフォルダを作り、そこにPNG形式の画像ファイルを追加してやる。切り替え順序はシーンチェンジ同様に黒→灰色→白の順(ワイプインのとき。ワイプアウトのときは逆順)となる。

ワイプのサンプル

20131002142733

ワイプ(円)をただ使っただけ。

 

20131002142832

一つ前の画像の設定+反転を使ったもの。

 

20131002142950 

transitionフォルダに追加したPNG形式の画像を指定したワイプ。

 

00002

そして、これが上のワイプに使用したPNG画像。

 

20131002143357

ちなみにワイプを使用したオブジェクトの上位レイヤーに背景となるオブジェクト(上は図形オブジェクトの色付き背景)があるときは、こんな感じになる。

つまりワイプは使用したオブジェクトの効果範囲を透明化させているということ。

20131002144008

上位レイヤーに画像オブジェクトを置いたもの。

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment