Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【AviUtl】演出の幅が広がるクリッピング機能2【拡張編集】

Edit Category Aviutl > 応用、Tipsなど

20131229180512

今回は『クリッピング + α 』の使い方を具体的に解説。主に上の画像のように画像や動画、テキストオブジェクトを任意に出現させる方法について。

 

クリッピングの基本的な使い方については前回の……

 

 

を参考に。最低限、上の記事がわかっていないと、今回の記事の方法は真似できても、何をしているのかわからない……ということになりかねないので。

 


オブジェクトを任意に出現させるとは?

20131229181455 何もない状態。
20131229181523 そこから伸びるように画像オブジェクトの一端が現れる。
20131229181556 時間経過とともに画像オブジェクトがどんどん伸びていく。

※ この伸びていくところが任意の部分。自分でオブジェクトを設定する。
20131229181621 完成。

上の画像のオブジェクトの伸び方(現れ方)に使われている手法がクリッピング。もちろん、ただクリッピングを使っただけではダメで、+ α が必要になってくる。+ α が何かといえば、シーンの利用であったりクロマキーであったり。

つまり上のような方法は、複数のシーンで合成されてできているということ。

手順

  1. まず出現させたいオブジェクトを用意する。(画像や動画、テキスト、図形オブジェクトなど)
  2. 拡張編集プラグインのタイムラインのScene1に『背景』と『用意したオブジェクト』の2つのオブジェクトを配置する。
    (レイヤー1に背景、レイヤー2に用意したオブジェクト)
  3. 拡張編集プラグインのタイムラインのScene2に『背景』と『用意したオブジェクト』、『現れ方の動きと形となるオブジェクト(複数可)』の3つのオブジェクトを配置する。
    (レイヤー1に背景、レイヤー2に用意したオブジェクト、レイヤー3以降に現れ方の動きと形になるオブジェクト)
  4. Scene2で『用意したオブジェクト』に覆い被さるように『現れ方の動きと形になるオブジェクト』を設定(形や動き)する。覆いかぶさっている部分が順次、表示される。
    (上の画像は、中間点を作った複数のカスタムオブジェクトの移動軌跡を使用)
  5. Scene2で『現れ方の動きと形になるオブジェクト』の設定ができたら、レイヤー2の『用意したオブジェクト』を無効化する。
  6. Scene1に移り、レイヤー3にシーンオブジェクトを追加し、Scene2を選択する。
  7. シーンオブジェクト(Scene2)の上で右クリックして、『上のオブジェクトでクリッピング』を選ぶ。
  8. Scene1のシーンオブジェクト(Scene2)にクロマキーを追加して、Scene2で配置した『現れ方の動きと形になるオブジェクト』と同じ色を指定する。
  9. Rootに移り、シーンオブジェクトを配置して、Scene1を選択する。
  10. シーンオブジェクト(Scene1)にクロマキーを追加して、背景と同じ色を指定する。

 

※1 Scene1と2に追加する背景の色は同色にする。ちなみにこの手の作業での、定番の色は緑や青。ただし、『用意したオブジェクト』と近すぎる色はよくない。

※2 『現れ方の動きと形になるオブジェクト』は基本的に単色にする。背景の色とは異なる色にする。もしも、画像などを使いたいときは、単色化フィルタを使う。

 

実際の作業

20131229185002 こんな感じに表示させたいとき

以下、編集作業の時系列で。
20131229185112 Scene1の様子。

レイヤー1に背景(青)
レイヤー2に画像オブジェクト

をそれぞれ配置。
20131229185309 Scene2の様子。

レイヤー1に背景(青)
レイヤー2に画像オブジェクト
レイヤー3にカスタムオブジェクト(移動軌跡)

をそれぞれ配置。
20131229185545 Scene2の様子。

カスタムオブジェクト(移動軌跡)の設定が終わったら、画像オブジェクトはあくまでもガイドの役目なので無効化する。

移動軌跡は時間経過とともに伸びていくようにする。
20131229185749 Scene1に戻って『用意したオブジェクト』の下のレイヤーに、シーンオブジェクト(Scene2)を配置し、『上のオブジェクトでクリッピング』を選択したところ。

20131229185939 Scene1に配置したシーンオブジェクト(Scene2)にクロマキーを追加したところ。

このときのクロマキーの選択色は、黄色。
20131229185939 上と同じに見えるけれど、Rootに移り、シーンオブジェクト(Scene1)を追加したところ。
20131229190334 Rootに配置したシーンオブジェクト(Scene1)にクロマキーを追加したところ。

このときのクロマキーの選択色は、青色。

※ ちなみに背景が黒だと、効果がわかりにくかったので、グラデーションを掛けた背景を配置済み。また、シーンオブジェクトにシャドーも追加。

実際の作業はこんな感じ。Scene2が現れ方、Scene1が出てくる元映像、Rootが最終的な出力となっている。

 

20131229191007 20131229191150
20131229191110 20131229191225

ちなみにScene2に配置するオブジェクトを変えたり、フィルタを加えたりすることによって、様々な演出が可能。上の画像は、ランダム歩行や図形オブジェクトにアニメーション効果(モザイクマスクとランダム色ずれ)を加えたもの。

 

20131229192357 テキストを表示させたいときも同じ。

Scene1に表示させたいオブジェクト。
20131229192433 Scene2に現れ方のオブジェクト。

それぞれがカスタムオブジェクトの移動軌跡。
20131229192516 Rootに配置して、これまでの説明通りに設定する。

装飾が必要であれば、そこに各種フィルタを加える。

テキストのときも、やり方は一緒。ただし、それなりにRootで装飾してやらないと寂しくなる。

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - フリーソフト解説  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【Blender】指と皺の簡単な作り方【覚書】

Older Entry【AviUtl】演出の幅が広がるクリッピング機能1【拡張編集】

Comments


Trackbacks

 
03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

02 03


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017春(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。予算に余裕が有るのであれば、1700Xや1800XでもOK。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS