Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【AviUtl】幾つかの図形の登場とともに画像が完成する、という演出方法【拡張編集】

Edit Category Aviutl > 応用、Tipsなど
20140312143641

何もない場所に、次々に『構成部品(主に図形オブジェクト)』が現れて、それに連れて徐々に画像オブジェクトも完成し現れる……という演出の方法。

上の画像は左側が完成前、右側が完成後のもの。左側は最初、何もない状態で『V字』に似た図形オブジェクトが画面外から現れ、幾つか連なり、それに連れて隠されていた画像も完成していく過程をキャプチャしたもの。

今回使用したオブジェクトは背景を除けば、図形オブジェクト(三角形)と画像オブジェクト(Blenderで作ったサッカー選手とボールの画像)、シーンオブジェクトの三個だけ。

使用したフィルタも、図形オブジェクトに掛けたマスク、シーンオブジェクトに掛けたシャドーと極座標変換T、画像オブジェクトの余計な部分を削るために使ったクリッピングとカラーキーくらい。


手順

  1. Scene1で図形オブジェクト等を配置して、次々に現れるように設定する。形状や動きは自由。あとで使う画像ファイルを覆うような感じにする。(この記事では、V字になるように加工した複数の図形オブジェクト。それぞれXYZの値を変化させ、画面外から登場するように設定。このとき、Scene1に背景は配置しないこと)
  2. タイムラインのScene1の文字の上で右クリックし、アルファチャンネルを有効にする。
  3. Rootに戻り、Scene1を選択したシーンオブジェクトを配置する。
  4. シーンオブジェクトの下のレイヤーに表示したい画像オブジェクトを配置し、画像オブジェクトの上で右クリックして、『上のオブジェクトでクリッピング』を選択する。(シーンオブジェクトは、画像と重なった部分が表示されるので、画像と重なるように配置する)

 

この他に背景を配置したり、オブジェクトに各種フィルタを追加して装飾したりということもするだけろうけれど、上の演出の基本的な手順はこれだけ。

サンプル

20140312151719 20140312151849
20140312151810 20140312151903

Sceneの様子。上の段の左がV字状の図形が次々に現れて、連なっていく様子。上の段の右が全てのオブジェクトが連なった場面のもの。下の段はそのときのダイアログとタイムラインのキャプチャ。

(ちなみにタイムラインの画像を見ればわかるけれど、使用しているのはScene2なので、Rootでシーンオブジェクトを配置した場合は、Scene2を選択する)

 

20140312152839 20140312152814
20140312152935 20140312153004
20140312153028 ← グループ制御は、シーンと画像を影響範囲にして最終的な位置の調整に使用。

グループ制御の上のレイヤーは背景を作るために配置した図形やカスタムオブジェクト。

Rootの様子。上段の左右が変化中と変化後のもの。中断はシーンオブジェクトと画像オブジェクト。下段はタイムラインのキャプチャ。画像オブジェクトに赤い下線が入っているのは、『上のオブジェクトでクリッピング』を選択したため。

ちなみにSceneでは直線の動きをしていた『<<<<』が、ぐにゃりと歪んでいるのはシーンオブジェクトに追加した極座標変換Tの影響。

サンプル2

以下は、同様の方法でSceneに配置した図形オブジェクトの形状や動きを変えたもの。

20140312154450  ライン幅を調節した図形オブジェクトが次々に現れる。

この時点ではまだはっきりと画像が見えず。
20140312154616 ライン幅を調節してない図形オブジェクト(四角形)が現れ、小さくなっていく。

もっとオブジェクトの長さを短くしてやれば、チラ見っぽくなる。
20140312154653 上の画像のその後。
20140312154750 また、新しい図形オブジェクト(四角形)が現れる。
20140312154820 ある程度、図形オブジェクトが埋まって画像オブジェクトが見えるようになり、シーンオブジェクトがY軸回転を始めたところ。
20140312154908 上の画像のその後。

回転によって図形の範囲外になる頭頂部が表示されていない。

ちなみにこれらのレイヤーの下には『手書き風エフェクト』を配置して、手書きっぽい感じが出るようにしてある。(← 装飾方法は自由だし、多様という意味)

20140312160212

また、Sceneに配置した図形オブジェクトを表示させたりさせなかったり、シーンオブジェクトに波紋を使って揺らめかせたりと、色々と試してみると、画像は揺らめかないのにキャンバスになっているシーンオブジェクトが揺らめいているというなかなかに面白い演出に。

まとめ

Sceneに配置するオブジェクト(記事では図形を使っているけれど、図形に限らず)の形状や動き、配置、フィルタによって、かなり幅広い演出ができそう。

今回の記事のように次々に図形を表示させなくても、波紋や振動を使ってやるだけで『画像はその場に、キャンバスになっているシーンオブジェクトのみ変化する』という具合になる。

逆にシーンオブジェクトにはあまり手を加えず、クリッピングした画像オブジェクトに様々なフィルタを追加して装飾してやれば、『キャンバスはその場に留まり、画像だけが変化する』という演出も可能。

 

 


関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - フリーソフト解説  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【Blender】Cyclesで無効化されているOpenCLのGPU演算を有効にする方法と結果【覚書】

Older Entry【NUC】GIGABYTEから発売されたCore i7 4770R搭載のNUCの基本構成【4770R搭載】

Comments


Trackbacks

 
06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05 07


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
配布中のAviUtl用のZIPがDLできない件
どうもzipを置いていたサイトを単なるファイル置き場にしてしまったのが悪かったようで、直接ブログからダウンロードできなくなってしまったようです。 ファイルを保存していた『ultramarinepig.web.fc2.com』の

トップページ(リンク)

に各DLLへのリンクを貼ったリストを作りましたので、ブログのDLの項目からダウンロードできない場合はそちらからダウンロードしてください。

ファイル名はブログのDLリンクに表示されるものと同じですので、それを選択してもらえれば……お手数ですが、よろしくお願いします。m(_ _)m
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017夏(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須であること。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS