【Blender】自動ウェイト(掛け直し)が上手くいかないときの覚書【覚書】

AA2014000153

既存データを流用して、新たに人型を作り直したところ、自動ウェイト(Ctrl + P)が上手く働かなかったので、上手く働くようになるまでの流れを覚書として残しておきます。

モディファイアのアーマチュアの削除、頂点グループの削除を行っても、自動ウェイトが上手くいかない!というときに試してみると、そこそこ上手く自動ウェイトが掛かる……といいなという記事です。

自動ウェイト失敗→手動ウェイトペイント→自動ウェイト成功???

上の画像で自動ウェイトをつけたときは、髪が少し動く。胸のリボンもどきが少し動く程度で今ひとつの状態で、通常ならばそこそこ上手く掛かるはずの人型のボディにも自動ウェイトがほとんどかかっていない状態。

ちなみに本来は、人型のオブジェクトを作る → アーマチュア(ボーン)を配置 → 自動ウェイト → 人型のオブジェクトの複製 → 衣服や装飾品を作る(ウェイトや頂点グループがコピーされて楽)の流れで上手くいくのだけど、

上の画像の人型は、別の保存ファイルからの流用(複製)・作り直しだったこともあり、色々と作りこんだあとにアーマチュアのモディファイアや頂点グループを削除し、改めて『Ctrl + P』で自動ウェイトをつけたこともあり、その辺が自動ウェイトが上手く行かなかった原因かもしれない。

 

兎も角、最初は自動ウェイトが上手く行かなかったということが重要で、そのままの状態だと、何度、アーマチュアのモディファイアや頂点グループを削除しても自動ウェイトでは上手くウェイトがつけられなかった。

そこでやったのが、通常のウェイトペイント。つまり手動ウェイトペイント。各オブジェクトを選択して、ウェイトペイントモードに入り、それぞれの頂点グループを選択してコツコツとウェイトを塗っていくという作業。

作業中、ガリガリとSAN値が削られたのは言わずもがなで、作業が進むにつれて今日はここまでにしようかな……という思いが強くなる。

で、いい加減にうんざりとして最後のつもりでオブジェクトに自動ウェイトを試みたら「あら不思議、自動ウェイトがそこそこ上手く行ってるわ♪」という状態に。

ちょろっとでも、ウェイトペイントしたのがよかった?

どういうわけか自動ウェイトが上手くかかったので、各パーツのウェイト状況を確認してみたところ、自分でコツコツと塗ったウェイトペイントは消えて、代わりにそこそこ綺麗に自動ウェイトがかかっていた。

AA2014000154

(自動ウェイトの掛かり具合はこんな感じ。最初は真っ青で、自分が塗ったウェイトペイントはもっと色相がはっきりしすぎているものだった)

何がどうしてこうなったのか今ひとつはっきりとしないものの、(対応するであろう頂点グループを?)自分でウェイトを塗ってやり、自動ウェイトを掛け直すと、自動ウェイトがかかるらしいことがわかったので、他のパーツも同様の処理を行ってみた。

 

AA2014000155

(左肩の自動ウェイトの様子。関節部を余り作りこんでいないので、範囲が粗いのはその所為)

右側のオブジェクトデータのDEF-XXXが選択中の頂点グループ。肩から脇にかけて自動ウェイトがかかっている。

 

AA2014000156

(頭部の自動ウェイトの様子。最初は真っ青で、自分で塗ったときは顎下まで真っ赤)

頭部の自動ウェイトは大抵ペイントが上手く行っていないことが多いのだけど、手動でのウェイトペイントが影響したのか、結構、いい感じのペイント状況に。

ちょろっとでも手動で塗ってあったほうが、自動ウェイトも上手くいく?

 

AA2014000157

(指は面倒臭くて手動でウェイトペイントせずに放置していたのだけど、指にも自動ウェイトが掛かっていた)

対応する頂点グループを適当に塗ってやる必要はない? 手動でウェイトペイントした事実が重要か?

まとめっぽいもの

原理は今ひとつ判然としないものの、複製前に自動ウェイトを掛けていたので、その記録が残っていて、自動ウェイトを掛けても自動ウェイトが働かなかったと考えると、辻褄が合うかもしれない。そこに手動でウェイトペイントを掛けたことで、自動ウェイトの記録が消え、新規に自動ウェイトが掛けられるようになったのかも……

なので、自動ウェイトが上手くかからないときは、上手くかかっていないオブジェクトをちょろっとでもペイントモードで塗ってやり、それから再度、自動ウェイトを掛けてやると上手くいくかもしれない。

勿論、これは自動ウェイトの掛け直しが上手くいかないときの方法なので、厳密に人体の関節部などの硬軟を表現したければ、手動でウェイトペイントする必要があることは変わらないのであしからず。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment