【AviUtl】不定形図形 カスタムオブジェクト【拡張編集】

20140728214027

不定形(?)の図形を作成するカスタムオブジェクトを作ってみました。元々の発想が『!』と一緒に使う図形やそれっぽいマーク、吹き出しといった感じだったので、そっち方面の利用に役立てば……。

デフォルトの状態だと、上の画像のような感じになっていますが、各値を変更してやることで色々と形が変わります。

不定形図形のサンプル

20140728214751
20140728214916
20140728215242 20140728220123

上段のような規則性のある図形の場合はマークや吹き出しなどに、下段のような不規則なものは……規則性がないほうが良い場面を想定しています。どんな場面だか即座に思い浮かばないけれどww

ちなみに下段の右側の輪郭のみのものは、縁取りフィルタを使って表現。

 

DLと導入

 

FC2の保存形式の都合でTXT形式のファイルとして保存されているので、DLする場合は、上記リンクの上で右クリックし、リンク先のファイルの保存を選択するか、リンク先に飛んでからCtrl+Aで全てを選択してからコピー後、メモ帳等にペーストして下さい。

どちらの方法でも出来上がるのは、xxxxx.txtという形になるはずなので、その後、xxxxx.txt→xxxxx.objにリネーム(名前の変更)を行い、リネームしたファイルをAviUtlのScriptフォルダに放り込んだら、不定形図形(カスタムオブジェクト)が使えるようになります。

例:XXXXXX.txt → 不定形図形.obj

各項目の解説

20140728220801 

  • X~回転まで:通常のオブジェクトと同じなので華麗にスルー。
  • Size1:オブジェクト全体のサイズを変更。
  • Angle:縁の角度、縁の部分を回転。
    (オブジェクトそのものは回転せず)
  • Distance:中心から縁までの距離を変更。
  • Size2:縁のサイズを変更。

 

20140729000846

  • 色:図形の色を変更。
  • 原型:基本となる図形の形を0~6の数字で指定。
    (背景、円、四角形……と対応)
  • 原型ライン幅:ライン幅を変更。
  • 曲面数:曲面の数、正確にはマスクの数を指定。
  • 反転:マスクの反転の有無。
  • 曲面変形:曲面の大きさや縦横比を一定の割合でランダムに。
  • 曲面変形2:渦巻き状にします。
  • 乱値変速:ランダム値の変化速度を指定。0で無効、値が大きいほど変化の速さが遅くなる。
  • 乱値種取:ランダム値のシードを取得。
  • 曲面型:曲面の図形の形を0~6の数字で指定。
    (背景、円、四角形……と対応)
  • 曲面縦横比:曲面の縦横比を指定。-100~100まで。
  • 乱縦横係数:曲面変形にチェックを入れたときに、曲面の縦横比をランダムで取得するための範囲。0~100まで。
  • 渦巻き係数:値が大きいほど(マイナスは小さいほど)、渦が深くなる。

 

※乱値変速は、0以外の値だと、形状が変化し続けます。

 

簡単な使い方

  1. カスタムオブジェクトを追加する。
  2. Size1を設定し、凡その大きさを決める。
  3. Distanceを設定して、ちょうどいい距離に合わせる。
  4. Size2を設定して、縁の大きさを決める。
  5. Angleを設定して、縁の角度を決める。
  6. 原型や曲面数、曲面型を決める。
  7. 必要に応じて各値の微調整及び設定内の各項目を弄る。

 

2~6の部分の値で不定形図形(カスタムオブジェクト)の形状は大きく変わるので、ある程度の試行錯誤を要するスクリプトです。そのため、気に入った不定形図形が出来上がったときは、エイリアスに登録しておくと以後、楽になります。

20140728224057 20140728233147
20140729003451 20140728234114

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

7 Comments

げ~むばか  

ちょうどこのスクリプト欲しかったです! 今iPhoneのアイコン画像作ってるのでちょうどよかったです!

2014/09/10 (Wed) 14:57 | REPLY |   

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

Re: タイトルなし

> ちょうどこのスクリプト欲しかったです! 今iPhoneのアイコン画像作ってるのでちょうどよかったです!
表示等々まだまだ荒く、使いにくいスクリプトかもしれませんが、お役に立ったようであれば幸いです。

2014/09/10 (Wed) 21:17 | REPLY |   

すみ  

作りたい図形が作れるかも!とお借りいたしましたが、パラメーター設定が画像のようにならず悩んでおります。
最近、AviUtlを使い始めた初心者なので、必要なスクリプトかプラグインか何か、足りていないのかと調べておりましたが全く見当がつかず・・・。
お手数でなければ、お教えいただけないでしょうか?

2017/03/06 (Mon) 02:34 | REPLY |   

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

Re: タイトルなし

>>すみさん
確認してみたところ、配布しているスクリプトの一部仕様が、単独配布スクリプトであるにも関わらず複数配布時のスクリプト仕様(スクリプト作成時のまま)になっていたことが原因のようです。ご迷惑をお掛けしてすみません。

原因の部分については修正しましたのでお手数ですが、再度、DLし直すか既にDLしたファイルをそのまま使うのであれば、メモ帳等でDLファイルを開き、一行目の@不定形図形の部分を削除してください。その後、ファイルを保存したらファイル名の先頭にある『@』を削除すれば使えるようになるかと思われます。

■余分な部分
ファイルの一行目:『@不定形図形』の部分。
ファイル名:@の部分。

■対処方法
ファイルの一行目:メモ帳等で開いて『@不定形図形』の部分を削除。
ファイル名:エクスプローラ等でファイル名変更を行い、『@不定形図形』ではなく『不定形図形』とする。

■単独スクリプトと複数配布スクリプトの書式の違い
単独配布スクリプト:ファイル名のみ。コードの頭にスクリプト名不要。
ひとつのファイルに複数配布のスクリプト:ファイル名の頭に@が必要。コードの各先頭に@スクリプト名が必要。

2017/03/08 (Wed) 11:48 | REPLY |   

すみ  

お返事ありがとうございます。
早速やってみました。慣れが必要そうですが、色々出来そうで楽しみです。

ところで、パラメータ設定の中の渦巻き係数などがやはり出てこないのですが・・・
反転、曲面変形、曲面変形2、乱値変速、乱値種取 なども出ないので、やはり何かが足りないのでしょうか・・・?
続けての質問申し訳ありません・・・;;

2017/03/09 (Thu) 01:04 | REPLY |   

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

Re: タイトルなし

> ところで、パラメータ設定の中の渦巻き係数などがやはり出てこないのですが・・・
> 反転、曲面変形、曲面変形2、乱値変速、乱値種取 なども出ないので、やはり何かが足りないのでしょうか・・・?
> 続けての質問申し訳ありません・・・;;

すみません。それら項目は反転フィルタや極座標変換フィルタをスクリプト内に含んでいた頃のものです。単にこれらのフィルタ効果を出したければ、これらのフィルタを後で加えればいいだけだったのと、このカスタムオブジェクトにフィルタを追加すれば、追加したフィルタのバーをわかりやすく利用して、それらの効果の各項目を変化移動させることができるので解説画像には残っていますが、機能としては削除してしまっています。

色々と抜けがあり、ご不安にさせてすみません。m(_ _)m

2017/03/09 (Thu) 06:55 | REPLY |   

すみ  

そうだったのですね、安心いたしました。
いや、もうちょっと知識があればそういったことも自分で理解できたはずなので、謝罪をしていただくほどの事でもないですよーっ(゚ー゚;Aアセアセ
確かに、そういう効果のある物がありますものね。

たびたびのコメントに親切に回答して頂けて嬉しかったです、ありがとうございます。

2017/03/09 (Thu) 22:00 | REPLY |   

Post a comment