【AviUtl】@TF移動座標上に図形配置Ver α スクリプト【拡張編集】

821.mp4_snapshot_00.26_[2014.09.20_11.44.42]

2016/07/31 更新。最新記事:http://madeinpc.blog50.fc2.com/blog-entry-1132.html

テキストオブジェクトに追加し、移動座標上に図形を配置するスクリプトです。背景やちょっとした演出に使ってもらえれば……。

配置される図形はテキストの文字の位置に対応するので、テキストの文字入力欄には必要数の文字を打ち込む必要があります。

また、文字毎に個別オブジェクト、移動座標上に表示にチェックを入れてXYZを移動変化させて使用しますが、最終的にはどれも無効にするという変則的な使い方をするので、手順が多少込み入っています。



※ 2014/09/24更新 個別の座標だけでなく個別の回転角度も取得できる『@TF移動座標上に図形配置2』を追加。

DL

 

FC2の仕様の都合でテキストファイルとして保存されているので、ブラウザの『名前をつけてリンク先を保存』を選択するか、リンク先に飛んでからCtrl + Aで全文を選択し、メモ帳等に貼り付けて保存して下さい。

その後、保存されたファイルの拡張子がtxtになっているはずなので、それをanmに変更し、AviUtlのScriptフォルダ以下にコピペすればスクリプトが使えるようになります。

例:TF移動座標上に図形配置.txt →→→ TF移動座標上に図形配置.anm

手順

  1. テキストオブジェクトを配置し、適当な文字を必要数入力する。
  2. 文字毎に個別オブジェクト、移動座標上に表示にチェックを入れる。
  3. 必要数の中間点を作り、XYZを直線移動や曲線移動、補間移動、回転移動など目的に合ったものに変え、位置や字間、行間等を調節する。※
  4. 『@TF移動座標上に図形配置』を追加する。
  5. テキストの文字毎に個別オブジェクトを無効にする。
  6. テキストのXYZの移動変化を『移動無し』にし、XYZの値を0に戻す。
  7. 『@TF移動座標上に図形配置』の各パラメータを設定する。
  8. 必要があれば、その他のフィルタ等を追加する。

 

01~04の手順で位置(座標)情報の取得されるので、05で文字毎に個別オブジェクトを無効にしてもOKです。座標の設定は『@TF移動座標上に図形配置』を無効にして行ったほうが、処理が軽いです。

また、06で移動変化を移動無しにしていますが、これはそのままだと、オブジェクトが移動座標上に沿って各移動をしてしまうためです。もちろん、新たに設定しなおせば、目的に合った移動をさせることができます。(文字毎に個別オブジェクトにチェックを入れた移動は不可)

※ このスクリプトは保存時に位置(座標)情報が保存されないので、03の時点まで進んだらテキストオブジェクトを複製し、レイヤーかオブジェクト自体を無効化して残しておくと、次回以降の編集の手間が減ります。

各項目の解説

20140919053138

 

  • figure:図形を選択。
  • size1:個別の図形の大きさを指定。
  • size2:個別の図形の幅を指定。
  • value:図形の個数を指定。文字数に合わせると、すべて表示。

 

20140920113352

 

  • 図形:『 , 』で区切り、『 ”” 』で囲んだAviUtlのfigureフォルダの図形の名前を入力することで基本図形以外の図形を追加できます。
  • color:図形の色を指定します。
  • Del:チェックを入れると、RecNumと記録先に記憶された位置情報が削除されます。やり直しのときに使用します。
  • Rec num:仮の記録先番号。二個以上、このアニメーション効果を使うときに使用。
    1個目:1、2個目:2、……という感じに。※

 

※ 上にも書いたので繰り返しになりますが、プロジェクトファイルを保存しても位置情報は保存されないので、テキストの文字を移動座標上に配置したら、テキストオブジェクトを複製し、無効化して残しておくことをオススメします。

※ RecNumが有効になるのは、文字毎に個別オブジェクト、移動座標上に表示するが有効のときだけです。また、先に記録先を指定しておかないと、前のものが上書きされてしまいます。

使い方のサンプル(流れ)

20140920060710 20140920060749
  テキストオブジェクトを作成。
20140920060844 20140920060857
  文字毎に個別オブジェクトと移動座標上に表示するにチェックを入れ、XYZを回転移動に。
20140920060950 20140920061005
  TF移動座標上に図形配置を追加。
20140920061101 20140920061119
※※※ 効果をわかりやすくするためにこの順番で説明しているけれど、実際は処理が重いので、1個下の文字毎に個別オブジェクトのチェックを外した後に行ったほうがいい。 Valueの値を文字数まで上げる。
20140920061154 20140920061210
  文字毎に個別オブジェクトのチェックを外す。
20140920061236 20140920061253
  XYZを移動無しにして、原点位置に戻す。
20140920062307 20140920062323
  TF移動座標上に図形配置の各値を調整し、他のフィルタを追加。

文字毎に個別オブジェクト、移動座標上に表示するを有効にして、それぞれの位置情報を取得。それを元に図形オブジェクトを発生させている。

その後、文字毎に個別オブジェクトを無効にしても取得した位置情報は記録されている。また、文字毎に個別オブジェクトを無効にすると、単体オブジェクトとしてXYZが移動変化してしまうので、それも無効にしてXYZの位置を原点に戻している。

拡大率や回転は全体ではなく個別の図形に影響するので、全体として変化させたいときはグループ制御を使って行う。

サンプル

20140919054240

XYZを移動座標上に直線移動させ、@TF移動座標上に図形配置を適用させたもの。

XYZの移動はサンプルのために無効にしておらず、タイムライン上を時間経過によって動かすと、□---□で表示される移動線に沿って動いてしまう。

20140919054756

XYZを移動座標上に曲線移動させ、クエッションマークの頭の部分を作ってみたもの。

 

オブジェクトの開始位置 オブジェクトの終了位置
20140919054935 20140919054953

XYZの移動はサンプルのために無効にしておらず、タイムライン上を時間経過によって動かすと、□---□で表示される移動線に沿って動いてしまう。

手順の項目では、こうならないようにするために設定後、XYZの移動を移動無しにしている。このとき、移動線を元の形から変化させても、個々の図形の位置は記録されているので、形は崩れない。

その他、各種フィルタを追加してみたもの

20140919055643 20140919055739
20140919055909 20140919060050
20140919060210 20140919060825

画像や動画オブジェクトを使った上のオブジェクトでクリッピングは苦手みたいだったので、画像や動画を使ったクリッピングをしたい場合は画像合成フィルタを使うか、一旦、別のレイヤーに配置してアルファチャンネルありのシーンオブジェクトとして読み込み、それを使って上のオブジェクトでクリッピングを行うことで回避可能。

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト

7 Comments

匿名  

No title

できない;;

2014/10/02 (Thu) 17:17 | REPLY |   

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

Re: No title

> できない;;
念の為にアップロードされているスクリプトを新たにコピペしてAviUtlで試してみましたが、うちの環境では動きました。

インストール関係に問題があるとすると、@XXXX.anmの名前と拡張子を変更するところで間違っているのか、Scriptフォルダに入れていないか。既にAviUtlを起動している状態でインストールして再起動していないかというところでしょうか。

2014/10/02 (Thu) 23:07 | REPLY |   

匿名  

No title

もう一度試したらできました!

ありがとうございます!

2014/10/03 (Fri) 16:54 | REPLY |   

(´・д・`)  

文字毎に個別オブジェクトと移動座標上に表示するにチェックを入れるところで
文字がすべて重なってしまいます。どうすればよろしいでしょうか?

2015/06/23 (Tue) 21:19 | REPLY |   

(´・д・`)  

連投大変失礼いたします
先ほどの質問は自己解決したのですが、使い方サンプルの右画像の@testとなっている部分が表示されません
どうすればよろしいでしょうか?

2015/06/23 (Tue) 22:25 | REPLY |   

Ψ(`∀´)Ψケケケ  

Re: タイトルなし

> 先ほどの質問は自己解決したのですが、使い方サンプルの右画像の@testとなっている部分が表示されません
@testの部分はScriptフォルダ内に作ったフォルダ名で、
そこにスクリプトを保存しておくと、フォルダごとの区分けが可能になります。

スクリプトの種類ごとや製作者ごとなど自分の管理しやすいようにフォルダを作り、
名前をつけておくと、編集作業がやりやすくなります。

2015/06/24 (Wed) 13:38 | REPLY |   

(´・д・`)  

>>Posted at 13:38 on 2015-06-24 by Ψ(`∀´)Ψケケケ

無事出来ました!!
ありがとうございます!!

2015/06/24 (Wed) 14:03 | REPLY |   

Post a comment