Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【Blender】キーフレームの覚書2 シェイプキーを使ってキーフレームの挿入を実践【覚書】

Edit Category Blender

AA2015000441

 

前回の『キーフレームの挿入と削除』の基礎的な実践は、オブジェクトモードでオブジェクトを移動させたり、回転させたり、拡大縮小させたりすれば把握できるはずだし、移動等についてはとりあえずそれでOKなので、今回はそれ以外のものを……。

つまり移動・回転・拡大縮小以外のもの(値)を変化(アニメーション)させるにはどうやってキーフレームを使うのか、という部分の基礎的なものをシェイプキーを使って解説。

 

ちなみにシェイプキーはShape(形状)という単語の通り、オブジェクトの形状を変化前と変化後(キー毎)で記憶させ、変化前→変化後という移り変わりの度合いを0~1の数値で指定することができる機能。

キーフレームを挿入するのは、この0~1の数値に対して。


シェイプキーを使って、値にキーフレームを挿入する。

  1. オブジェクトモードでシェイプキーを使いたいオブジェクトを選択する。
  2. 『プロパティ』→『オブジェクトデータ』→『シェイプキー』を選択。初期状態だと項目のみ。
  3. オブジェクトモードのまま、シェイプキーの項目の横にある『+』をクリックする。一回目で『基本ノイズ』、二回目以降に『キー1』……と項目が作成される。
  4. 『キー1』を選択した状態で編集モードに入り、頂点や線、面を移動、回転、拡大縮小して変化させる。
  5. 編集が終わったらオブジェクトモードに戻る。
  6. シェイプキーの『値(相対的の下にあるもの)』の項目の数値(0~1。0のとき基本ノイズの形状、0.5で中間の形状、1のときキーで記憶された形状)を変化させると、基本ノイズに記憶された形状とキー1で記憶された形状を行き来する。
  7. タイムラインで現在のフレームを必要に応じて合わせ、それぞれに『シェイプキーの値』の上で右クリックして『キーフレームを挿入』を選択する。
  8. 再生させて、思惑通りに動いたら成功。思惑通りではなかったら現在のフレーム(タイムライン)を修正したり削除したり、『値』(シェイプキー)を修正したり……。

AA2015000431 AA2015000433

  • 基本ノイズ:初期値のようなもの。基本となる形状が記憶される。
  • キー1:ひとつめのキー。変化させた形状が記憶される。
  • キー2:ふたつめのキー。変化させた形状が記憶される。
  • ……:以下、必要なだけキーを作る。変化した形状が記憶される。

※ 基本ノイズとキー1は、シェイプキーを使う上で最小限のセット。

作業手順のサンプル

AA2015000430

シルクハットっぽいものを選択。

AA2015000434

シェイプキーの『+』を二度クリックして、基本ノイズとキー1を追加したところ。

AA2015000435

キー1を選択したまま編集モードに入って、シルクハットの上部を選択したところ。

AA2015000436

Sキーで普通に、選択したシルクハットの上部を拡大したところ。

AA2015000437

オブジェクトモードに戻ったところ。拡大したはずの部分が元に戻っていることに注目!!

(操作の間違いではないし、初めてシェイプキーを使うときに戸惑う部分)

AA2015000438

シェイプキーの、キー1の『値(相対的の下にあるもの)』の値を0→0.7程度にしたもの。編集内で拡大した状態を1とすると、その0.7程度の状態になっている。

(シェイプキーの設定が間違っていないかの確認)

AA2015000440

再度、シェイプキーの、キー1の『値(相対的の下にあるもの)』を0にして、タイムラインの現在のフレームを0に合わせ、シェイプキーの、キー1の『値(相対的の下にあるもの)』の値の上で右クリックして、キーフレームを挿入したところ。

シェイプキーのキー1の『値』の色が黄色になっていることに注目!!

AA2015000441

キーフレームを挿入したことで表示されたキー1の右にある『.00』という数値は、『相対的』の下にある『値』の数値。『値』の数値を変化させると、キー1の右にある数値も変化する。

AA2015000442

タイムラインで現在のフレームを30に合わせ、シェイプキーの、キー1の『値』を1にして、更に右クリックしてキーフレームを挿入したところ。

また、タイムラインで開始フレーム:1、終了フレーム:60に設定。

shapekey0001

アニメーションとしてレンダリングしたもの(PNG画像)をAviUtlでGIF化。

シェイプキーのキー1の『値』が0→1と移り変わることで、シルクハットの上部が元の状態→拡大された状態へと変化するアニメーションになっている。

この記事のポイント的なもの

  • シェイプキーの基本的な使い方
  • シェイプキーの『』に対して、キーフレームの挿入や削除。

前者はそのまま。シェイプキーを使って説明するのにシェイプキーの基本的な使い方がわからないのではお話にならなかったので、簡単に解説しただけ。もっと色々なことが可能。

後者が『キーフレーム』についての重要なこと。つまりシェイプキーではなくても、キーフレームは色々な種類の、色々な項目で設定できるということ。

たとえば、マテリアルの色であったり、粗さであったり。細分割曲面のビューの数であったり……と、Blenderでは様々なものにキーフレームを挿入することで、多様な変化をするアニメーションが可能になる。

saibunkatu0001

細分割曲面のビューの『値』を1から3に増やしていったもの。

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - 3DCG  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【AviUtl】音に合わせて円形配置に乱1、乱2、卍状の3種類追加【拡張編集】

Older Entry【AviUtl】音に合わせて円形配置 2種類【拡張編集】

Comments


Trackbacks

 
02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01 03


 
 
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
 
オススメ
















 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017新春(Kabylake世代)
用途に合わせてCPUやGPUを1ランク上げたり落としたり、SSDやHDDの容量を抑えたりすると、バランスもコスパも良いPCになるよ!金属パッドは殻割り用。



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS