Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【AviUtl】音に合わせて動くSpectrumRand 5種類【拡張編集】

Edit Category Aviutl > スクリプト(配布物や制御法関係)

20150324050737※SR06を追加。解説ページ

音に合わせて図形が発生するSpectrumRand 5種類を配布。名前の通り、ランダム性が特徴。ちょっとしたシーンの繋ぎや背景素材になれば……という感じ。基本は音波ゲージと同じで、そこに描画条件等々を加え、最終的に出力しているもの。

obj.getaudio()を使用しているので、同一フレーム上に音声(あるいはシーン音声)がないと動作せず。ガイド機能あり。基本は音分割数とBuf補正で個々の音のBuf値を取得し、基準値でフラグ管理。図形の選択、大きさ、線幅の変更可、描画領域の拡大縮小可。

 

配布物の内容は……

  • SR1:基準値以上に達した部分が描画され、スクリーン上にランダム位置に表示される。表示される音毎の個数は取得するBuf値に比例。ベーシックなタイプ。
  • SR2:スクリーンの下部から基準値以上に達した部分が描画される。ポコポコ生まれるような感じがこの中では個人的には一番好きかもしれない。
  • SR3:スクリーンに沿って配置された初期位置から内側に向かって縦横にランダムに図形が発生。音毎の個数は取得するBuf値に比例。※
  • SR4:±の横方向に並べられたものから原点を中心として、Buf値に合わせて扇形を描くように図形が伸びる。基準値以下でランダム。※
  • SR5:文字にするとSR1とそっくりだけど、ランダム性がちょっと違った感じのもの。音毎の基準値以上に達した部分の重なり方に特徴あり。

 

という感じ。

 

SR1 SR4
20150324054104 20150324054222

一部は画面いっぱいに広がっているけれど、拡大率をあれこれ弄って調節したほうが綺麗に見えるかも……(主にSR3やSR4)。また、光系のフィルタとは相性がそこそこ良いはず……たぶん。

 


使い方

  1. タイムラインに音声オブジェクト(音声シーンでも可)を配置する。
  2. これらのカスタムオブジェクトを01と同一フレーム上に追加する。
  3. 音分割数やBuf補正、基準値などを調整する。

 

※ このカスタムオブジェクトはAudioBufferの値を拾って動作しているので、音声オブジェクトがない場合は動作せず。

 

項目の解説

20150324054804

  • 音分割数:音を分割する数を指定。
  • Buf補正:取得するBuf値を補正する。この値を小さくすると、Buf値は大きくなる。
  • 乱数:描画される図形の大きさをランダム化。
  • 基準値:フラグ管理の基準値。
  • Info:チェックを入れると、ガイドが表示。

 

 

20150324055115

  • 図形選択:描画される図形を選択。
  • 基本図形サイズ:基準となる図形サイズを指定。
  • 図形幅:図形の線の幅を指定。
  • Seed:各乱数を得るためのシード。
  • 色変化:色の変化のさせ方の変更。
  • 描画領域X:縮小等で枠外に出てしまうのを回避するときに使用。
  • 描画領域Y:縮小等で枠外に出てしまうのを回避するときに使用。

 

その他、各バージョンによって、描画密度(描画される図形の間隔)の指定などのちょっとした項目の違いあり。

 

サンプル

20150324060049

ガイド画面。基本的には、オレンジの横線を超えた部分(上)が、フラグが立っている部分。

↓ ↓ ↓ ↓

20150324060029

上の状態でガイドをオフにしたときの画面。発生する図形の数や色は基準値を超えたものになる。

 

1057.mp4_snapshot_00.58_[2015.03.24_06.05.47]

SR3の拡大率を50、90度回転させたもの。

 

 

20150324060945

SR4の拡大率を50にしたもの。

20150324061240

SR5。SR1に似ているけれど、図形の重なり方が異なる。

DL

 

(リンク先のTXTが文字化けしている場合は、ブラウザの文字エンコーディングをSJISにしてください)

FC2 のファイル保存形式上の都合でtxtファイルで保存されているので、リンクの上で右クリックして『リンク先のファイルを保存する』を選択してファイルを保存するか、リンク先のページに飛んで『Ctrl + A』で全てを選択し、メモ帳等にコピペ&保存するかしてください。

その後、保存(作成された)ファイルの拡張子をtxt → objに変更したら、AviUtlのScriptフォルダにコピペでこのスクリプトが使えるようになります。

 

@SpectrumRand.txt → @SpectrumRand.obj

 

(たまに@が変換ミスで全角になっていることがありうるので、その場合は半角にしてください)

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - 映像制作  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【AviUtl】暗い部屋でモニタに表示された情報を見ているような演出【拡張編集】

Older Entry【2015春】今、自分がPCを組むならば……という構成。パーツ毎【自作PC】

Comments


Trackbacks

 
06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05 07


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
配布中のAviUtl用のZIPがDLできない件
どうもzipを置いていたサイトを単なるファイル置き場にしてしまったのが悪かったようで、直接ブログからダウンロードできなくなってしまったようです。 ファイルを保存していた『ultramarinepig.web.fc2.com』の

トップページ(リンク)

に各DLLへのリンクを貼ったリストを作りましたので、ブログのDLの項目からダウンロードできない場合はそちらからダウンロードしてください。

ファイル名はブログのDLリンクに表示されるものと同じですので、それを選択してもらえれば……お手数ですが、よろしくお願いします。m(_ _)m
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017夏(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須であること。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS