Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【AviUtl】動きを滑らか?にさせた音波計(SpectrumSmooth) 5種類【拡張編集】

Edit Category Aviutl > スクリプト(配布物や制御法関係)

20150404130206 フレーム毎に分割した音を拾って表示させると、音波計の動きが激しくなりするので、数フレームの平均値を算出して激しさを抑制したVersionを作ってみました。

一応、滑らかに動くものの、フレーム毎のBuf値が完全に読み込まれていない状態(※)だと、現行フレームから前数フレームの値の平均値を算出するため、編集やプレビューでフレームがスキップされたときに音波計の表示が一時的になされないことあり。

(ただし、エンコードには影響なし。ちゃんと表示された状態で出力される)

 

20150404135832 20150404135852
20150404135909 20150404135923

フレームの順番は左上→右上→左下→右下の順。各画像の上の音波計が平均化したスクリプトで、下が平均化してないもの。上下の音波計の形の差、次の画像との差が平均化の有無の差。

 

 

20150404131632 20150404131700

※ プレビューで音波計が正しく表示されないときは、メイン画面の『 ▶』でフレームを移動してやると、必要フレームを読み込んだ後、ちゃんと表示されるようになる。

(それでも、上手く表示されないときはオブジェクトの頭から読み込んでみてください)

 

ちなみにSSTの内訳は……

 

  • SST01:柱が伸びるよくあるタイプの音波計。
  • SST02:弧が伸びて円を描くタイプの音波計。
  • SST03:交互に方向が異なる弧が伸びて円を描くタイプの音波計。
  • SST04:円形配置された図形が音に合わせて放射状に伸びる音波計。
  • SST05:基本は音に合わせて円形配置と同じ。

 

といった感じ。どれもこれも取得したBuf値に合わせて広がるか、伸びるかするもの。


サンプル

20150404132800 20150404132824
20150404132851 20150404132910
20150404132942  

音の分割数、描画密度などでも滑らかさは変化。また、設定内の30fps/60fpsのチェック項目で平均化するために読み込むフレーム数を変更できる。

(30fps/60fpsのチェック項目はあくまでも目安。30fpsの動画で60fpsにチェックを入れるのも可。その場合、より平均化された動きをする)

注意事項

  • AudioBufferの値を拾っているので、同一フレーム上に音声ファイル(シーン音声)がないと、動作せず。
  • 数フレームのBuf値を平均化させているので、編集やプレビューでフレームをスキップしたときに事前に正しく表示されない場合あり。(エンコード時はちゃんと表示される)

 

※ 一度、エンコードされるなどして全フレームが読み込まれ、Buf値が取得されていると、フレームをスキップしても正しく表示される。
※ たぶん、ロースペックPCで正しく表示されないことが顕著。また、重いフィルタをかけた場合にも顕著。
※ どうしても、編集中に正しく表示させたいのであれば、このスクリプトと音声ファイルのみで一度、エンコードしてやる(最近のPCならば速攻でエンコードが終わるはず……たぶん)と、AviUtlの起動中はBuf値が保持されるので、編集がやりやすいかも。

項目

20150404133358 

  • 音分割数:音の分割数。この値によって表示されるグラフの数等が変化。
  • Buf補正:取得するBuf値の補正値。グラフの長さ等が変化。
  • 図形サイズ:表示される図形単体の大きさの変化。
  • 描画密度:表示される図形の個数の間隔を変化。
  • Gaid:注意事項が表示される。

 

 

20150404133416

  • 30fps/60fps:平均化するフレーム数の変更。60fpsのほうが読み込むフレーム数が多く、平均化が顕著。作成している動画のfpsに合わせて指定。ただし、目安。
  • カラフル:図形をカラフルにする。
  • 色変化速度:図形の色変化の速度。
  • グラフ色:図形の色を指定。
  • Seed:乱数を得るためのシード。
  • 図形選択:表示させる図形の基本型を指定。
  • 間隔係数:図形の表示間隔を指定。

 

DL

 

(リンク先のTXTが文字化けしている場合は、ブラウザの文字エンコーディングをSJISにしてください)

FC2 のファイル保存形式上の都合でtxtファイルで保存されているので、リンクの上で右クリックして『リンク先のファイルを保存する』を選択してファイルを保存するか、リンク先のページに飛んで『Ctrl + A』で全てを選択し、メモ帳等にコピペ&保存するかしてください。

その後、保存(作成された)ファイルの拡張子をtxt → objに変更したら、AviUtlのScriptフォルダにコピペでこのスクリプトが使えるようになります。

 

@SpectrumSmooth.txt → @SpectrumSmooth.obj

 

(たまに@が変換ミスで全角になっていることがありうるので、その場合は半角にしてください)

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト
Community テーマ - 映像制作  ジャンル - コンピュータ

Newer Entry【AviUtl】音の動きを色の動きで楽しむSSTC(SpectrumSmoothColor)5種類【拡張編集】

Older Entry【AviUtl】縦横に動くLockOnカーソル 2種類(手動版と自動版)【拡張編集】

Comments
スクリプトについて 
送信失敗してたかもしれないのでもう一回送ります(すでに届いていたらごめんなさい)

前数フレームの値の平均値を算出して動きを滑らかにするというこのスクリプトですが、もともとAviUtlに入っている音声波形とこれを組み合わせて新しいカスタムオブジェクトとして作成することは可能でしょうか…?
 
Re: スクリプトについて 
>もともとAviUtlに入っている音声波形とこれを組み合わせて新しいカスタムオブジェクトとして作成することは可能でしょうか…?
スキルのある人ならば可能かもしれませんが、私では似て非なる、重たいスクリプトになる可能性大です。
 
 
そうですか…お返事ありがとうございました!
これからもスクリプト楽しみにしてます!
 
プラグイン使いたいけど・・・ 
http://blog-imgs-71.fc2.com/m/a/d/madeinpc/@SpectrumSmooth.txt
を開いても、変なもの出るからダウンロードできない。
 
Re: プラグイン使いたいけど・・・ 
> http://blog-imgs-71.fc2.com/m/a/d/madeinpc/@SpectrumSmooth.txt
> を開いても、変なもの出るからダウンロードできない。

そのページに記述されているものを全てメモ帳等にコピペして保存した後、拡張子をOBJにして、AviUtlのScriptフォルダに放り込むとスクリプトが使えるようになります。
 
要望 
言われた通りしましたが、どうしてもできないので導入動画作っていただけませんか?
 
Re: 要望 
> 言われた通りしましたが、どうしてもできないので導入動画作っていただけませんか?
とりあえずスクリプト導入の記事を書いている(近日中に公開予定)ので、そちらを参考にしてみてください。

ちなみに現在、どの段階にありますか?
1.他のスクリプト(アニメーション効果やカスタムオブジェクト)は導入できて使えている。
2.このスクリプトも、カスタムオブジェクトをタイムラインに配置すれば、各選択の中に名前は出てくる。
3.カスタムオブジェクトをタイムラインに配置しても、このスクリプトの名前が出てこない。

ちなみに使っているOSがLinuxやMacの場合、テキストファイルの保存形式がShift-JISじゃないために認識されないこともあります。
 
 
出来ました。
メモ帳の保存設定がANSIじゃなくてunicodeになってたのが原因でした。
すいません。
 
Re: タイトルなし 
無事、使えるようになってよかったです。
 


Trackbacks

 
03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

02 03


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017春(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。予算に余裕が有るのであれば、1700Xや1800XでもOK。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS