Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン

AviUtl用のスクリプト配布やBlender、自作PCのパーツやガジェットの情報を配信中

 

【AviUtl】ラベリング処理に『ラベリングR移動』を追加!【Script】

Edit Category Aviutl > スクリプト(配布物や制御法関係)

20170415150335


2017/04/23 ラベリング移動をVer1.2に更新。G閾値幅、効果対象番号の項目を追加。


ラベリングR移動(α版)は、ラベリング処理したものを、ランダムに移動させるスクリプトです。グレースケール、透明度のそれぞれで画像をラベリング処理して、ラベリングした個々をそれぞれ別々に動かします

ちなみに上の画像では、右側がオリジナルのPNG画像(アルファチャンネルあり)で、左側がラベリング処理して、認識した個々(文字ごとではなく、文字の構成部分ごとに透明度基準で処理。濁点や繋がっていない部分ごと)がそれぞれランダムに動いている様子。

 

20170415145943

ちなみに上のPNGだとわかりにくいので、着色機能を使ったラベリング結果。繋がっていて同じ色の部分は同じ番号にラベリングされたもの。当然、動きも一緒になる。

同じ文字でも繋がっていない場合は、別の構成物として認識されてラベリングされる。当然、同じ文字でも異なる動きをする。


岡ちゃん、CLがんば!

Community テーマ - 映像制作  ジャンル - コンピュータ

【AviUtl】音に合わせてグローの形状にある『クロス』や『クロス(斜め)』っぽい動きをするLiveLightを配布!【Script】

Edit Category Aviutl > スクリプト(配布物や制御法関係)

20170331225034

説明しにくいのだけど、音に合わせてグローの形状にある『クロス』や『クロス(斜め)』っぽい動きをするスクリプト。基本的には発光やグローなどの光系のフィルタ効果との併用を想定しています。

ちなみにフレームバッファの合成モードを変えて合成するのも面白いかもしれません。また、Figureフォルダに追加した自前画像との併用も吉。

 

20170331225820

上のメインとプレビュー画像の左上にあるのがFigureフォルダに追加したグラデーションの掛かった円のPNG画像。その画像をスクリプトの設定内にある形状選択から指定してやったものが画面中心のもの。

右と左の画像の違いは補正係数の違い。まあ、同じ音データを取得しても設定次第で色々と印象が変わるよ!という例。

 

001 ← 一つ上の画像のような光加減にするのに使ったPNG画像。

使いたい場合は、画像の上で右クリック→画像を保存などでこのPNG画像を保存した後、AviUtlのPluginsフォルダ内に作ったFigureフォルダに突っ込めば使用可能になります。

 

Community テーマ - 映像制作  ジャンル - コンピュータ

【AviUtl】ラベリング処理をする『限定表示』と『着色』の2スクリプトを配布!【Script】

Edit Category Aviutl > スクリプト(配布物や制御法関係)

20170310194413

ラベリング処理の『限定表示』と『着色』の2スクリプトは閾値によって映像を繋がっている塊ごとに区分けし、ラベル(番号)をつけて管理(表示したり着色したり)するスクリプト。

基本的には画像オブジェクト(着色)テキストオブジェクト(限定表示、着色)用といった感じ。特にテキストオブジェクトでは、1つの文字でもくっついていない部分が別個のものとして扱われるので、上手く使えば面白いことができるかも……。

ちなみに動画オブジェクトの場合は、映像がフレームごとに刻々と切り替わるために常にラベル番号も切り替わってしまうので不向き。キラキラした動画になってしまうつもり使うのであれば、それはそれでありだとは思うけれど……。

 

また、ラベリング番号の補正やソートが上手く行ってない場合もありそうなので、その辺は大目に見てやってください。それからobj.putpixel()を使っているので、処理する画像が大きくなればなるほど重くなる、低スペPCに厳しいスクリプトです……。(´;ω;`) 

Sample

20170310193026

20170310193254

『り』や『ら』、『た』のように同じ文字でも、画像として分離している部分には別の色が着く。ただし、透明度がごくごく小さい値で設定されていると、同じもの(繋がっているもの)と判定されることがあるので、その辺は透明度の閾値を変更して調整してやる必要あり。

 

20170311151043

20170311151113

元は『新しい朝が来たり、』という意味不明なテキストに限定表示スクリプトを使ったもの。『新しい月が来たり、』や『新しい朝がきたノ』(外人さんかな?)という感じに。透明度の閾値を変えてやると、『が』の濁点(低透明度のピクセルで繋がっている部分)なども別個のものとして認識するようになる。

 

20170311210447

20170311210531

ちなみにラベリング処理を上手くやれば、単独文字毎に『個別オブジェクト』っぽく動かせそうだけど……個別のそれらを適当に動かすことはできても、意図した動きをさせるためにどうしたらいいのか今は全く構想にないので、今後に期待(今回の配布には含まれず)。

……というか何時か使い物になりそうなコードが書けたら良いなレベルなので、本当に、何時かそんなスクリプトが配布されたらいいな、と淡い期待にしておいてください。

Community テーマ - 映像制作  ジャンル - コンピュータ

【AviUtl】スクリーンセーバーのように動く『連結線』を配布済みの背景Sin波に追加!【Script】

Edit Category Aviutl > スクリプト(配布物や制御法関係)

20170304110649

配布済みの背景Sin波に『連結線』を追加しました。Sin波ではないので、別にしようかと思いましたが、交錯した部分が明るくなるし、同系のつもりで作ったので、まあ、一緒でもいいか……と、そんな感じです。(´∀`*)ウフフ

背景Sin波同様、スクリーンセーバーのように動くので背景の一部として、いつかどこかで使えるかもしれません。名称がミスマッチだと思ったらファイル名でも変更してください。ファイル管理で混乱するかもしれませんが……(汗。

 

 

20170304000001 

ちなみに基本的には、グローや発光等のライト系のフィルタと一緒に使うことを想定しています。フレームバッファなんかと一緒に使ってもいいかもしれません。また、初期位置の係数を小さくしてやってもSFチックな感じでいいかもしれません。

Community テーマ - 映像制作  ジャンル - コンピュータ

【Lua】ラベリング処理の補正処理でハマる……泣【アルゴリズム】

Edit Category Aviutl > スクリプト(配布物や制御法関係)

20170228053055

ラベリング処理のルックアップテーブル(LookUp Table)の処理にハマる……。ちなみにハマるとはいっても、熱中の意味ではなくドツボのほう。まあ、どうにかしようと時間を費やしているのだから熱中という意味も多少はあるかもしれない。

しかし、簡単な?画像のラベリングまではできたのだけど、複雑な実写等になると、単純な処理しかさせていないためにルックアップテーブルによる補正が上手くいかない。素直にOpenCvの借りたほうが楽そうだけど、自力で書きたい。

 

ちなみにラベリング処理とは、画像の画素を解析していって、領域ごとにラベルを貼り付ける処理のこと。上の画像であれば、黒い部分が閾値以下の部分で非表示、それ以外の繋がっている領域ごとにラベリングされていて、同じ領域と処理された部分が同じ色で表示されている。

それで何ができるのかというと、色分けができたり、ラベル番号を指定してやって特定の番号、特定の範囲にあるラベル番号だけを表示させたり非表示にさせたり、効果をかけたり重心を見つけたり、座標を取得したり……と色々とできるようになる

 

ちなみに上の画像に関して言えば一見、上手く行っているように見えるけれど、よく見ると上手く行っていない部分があるのがわかる。画像中央下部の紫の領域と左側にある薄い黄色の一部が繋がっているにも関わらず、別の領域と判定されてしまっている。

原因はたぶん『√』っぽい部分の領域の処理(繋がりが欠けている)。あるいは、ルックアップテーブルの補正処理の仕方なんだけど、なんとも悩ましい。

まあ、コード自体はまだ試作ということで、Lua言語でスクリプトとして書いているので処理が重い。常用するならC言語でDLLにする必要もあるので、配布という形でここに来てくれている方にお目見えするのはまだまだ先になるはず……。

Community テーマ - プログラミング  ジャンル - コンピュータ
 
06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05 07


 
 
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™
PLAY ARTS改 BATMAN™: ARKHAM KNIGHT バットマン™ PVC製 塗装済み可動フィギュア
 
注意事項

紹介されているフリーソフト、スクリプトをインストールするときは、フリーソフトの説明および注意事項を熟読し、自己責任においてご利用下さい。



記事:Amazonギフト券の期限など
特価情報:各ジャンル・タイムセール

 
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
 
配布中のAviUtl用のZIPがDLできない件
どうもzipを置いていたサイトを単なるファイル置き場にしてしまったのが悪かったようで、直接ブログからダウンロードできなくなってしまったようです。 ファイルを保存していた『ultramarinepig.web.fc2.com』の

トップページ(リンク)

に各DLLへのリンクを貼ったリストを作りましたので、ブログのDLの項目からダウンロードできない場合はそちらからダウンロードしてください。

ファイル名はブログのDLリンクに表示されるものと同じですので、それを選択してもらえれば……お手数ですが、よろしくお願いします。m(_ _)m
 
オススメ
















 
 
人気記事
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
 
ブログ内検索
記事を探すときは、キーワードで検索をかけると速くて便利です。
 
 
動画編集・3DCG向け自作PC構成2017夏(Ryzen R7 第一世代)
8コア16スレッドのAMD Ryzen R7 1700で組むコスパの良い自作PC。

注意点としては現在発売されているRyzenはAPUではなくCPUなので、GPUが必須であること。また、CPUクーラーはAM4(Ryzenの規格)に未対応のものがある(下記のH60はOK)ため、メーカーの公式サイトで対応状況を要確認。

現在、未対応でもオプションのプラケットが発売されることもあるようなので、今使っているCPUクーラーが使えないとは限らないことも留意。

(AM4 Ryzen対応)



記事:CPUの『殻割り』に使うグリスの候補【OC 殻割り】



 
オススメのフリーソフト
ブラウザ(お好みで。複数可)
Firefox
Opera
Sleipnir
ファイアウォール(必須)
Comodo Internet Security
ZoneAlarm
Outpost Security Suite FREE
アンチウィルスソフト(必須)
avast! 4 Home Edition
avira 無料版
AVG Anti-Virus Free Edition
レジストリ保護&クリーナー(必須)
Spybot-S&D
CCleaner
圧縮・解凍ソフト(必須)
Lhaplus
7-Zip
オフィスソフト
OpenOffice.org
LibreOffice
TeraPad
メーラー
Thunderbird
オンライン・コミュニケーション・ツール
Open Live Writer
Skype
Windows Live メッセンジャー / MSN メッセンジャー
Backup & PartitionEditor
EaseUS Todo Backup Free
EaseUS Partition Master
コーデックパック(どちらか)
K-Lite Codec Pack
 
Combined Community Codec Pack
各エンコーダ&デコーダ、スプリッタ(競合注意)
ffdshow
Xvid Codec
qaac Codec
x264vfw
Haali Media Splitter
LAV Splitter
webm
Google VP8 Video For Windows codec
動画音楽再生プレーヤー(複数可)
MPC Home Cinema
GOM PLAYER
SMPlayer
VLC media player
動画加工編集ソフト
Windows ムービー メーカー
Windows Media エンコーダ
MP4Cam2AVI
Any Video Converter フリー版
CamStudio
SEffect
x264vfw
AviUtl
AviUtlのプラグイン
MediaCoder
Nero AAC Codec
Avidemux.org
真空波動研 Lite
えこでこツール
XMedia Recode
グラフィックソフト
Blender
Inkscape
GIMP
PlayMemories Home
FireAlpaca
HTML&ブログ制作
ez-HTML
Windows Live Writer
FFFTP
WinShot
Aptana | Studio
AviUtl
AviUtlの基礎構成ファイルDL
その他、色々と……
DataRecovery
CPU-Z
CrystalDiskMark
CrystalDiskInfo
 
 
QRコード
QRコード
 
プロフィール

Ψ(`∀´)Ψケケケ

Author:Ψ(`∀´)Ψケケケ
現在はAviUtl用の駄スクリプトを書いて配布中。使用は自己責任でお願いします。

 
 


ARCHIVE RSS